東京オリンピック子供の参加方法!ボランティアや開会式出たいが可能?

東京オリンピック開会式が近付くにつれて、ボランティアの募集もスタートしました。

全世界から注目される東京オリンピック開会式には、多くの子供達も出たい気持ちが強いはずです。

ボランティアは子供も参加できるのか、開会式に出たいという願いは叶うのか調査します。

スポンサーリンク

東京オリンピックに子供を参加させる方法を調べてみた

東京オリンピック2020がいよいよ間近に迫ってきて、日本中がオリンピック一色になろうとしていますね。

人生の中でも日本で開催されるオリンピックは貴重ですし、東京オリンピック2020を見れることは幸せなことだと思います。

選手として参加することは不可能あっても、何かしらの形で自分の子供を東京オリンピックに参加させれたら、親子にとって一生の財産になりますよね。

ボランティアという形で参加する人もいますが、子供でもボランティアに参加できるのかも、親としては気になる部分かもしれません。

今までのオリンピックでも開会式や閉会式の中でも、小さな子供が演出に参加しているシーンをよく見ます。

1998年に開催された長野オリンピックでも、聖火ランナーと一緒に走っている子供達の姿もありましたね。

ボランティアとして子供が参加することは不可能で、現時点で15歳以上でないとボランティアとして活動はできません。

子供が参加できる可能性があるのは開会式などのセレモニーですが、おそらく優先されるのは被災地などの子供や、東京都内の子供が採用されやすいと思います。

子供を東京オリンピックに参加させる方法としては、スポンサー企業などが募集するエキストラなどに、応募してみるという方法もありそうですね。

東京オリンピックに子供を参加させるメリットは?

東京オリンピックに子供を参加させる最大のメリットは、やはり一生に一度あるかどうかの体験ができることだと思います。

どのような形であっても東京オリンピックに参加できたとしたら、小さな子供だとしても得るものは大きいのは間違いないはずです。

子供が東京オリンピックに参加できたとしたら、将来は自分の子供にも東京オリンピックに参加したことを自慢できますね(笑)

多くの人が東京オリンピックの成功のために頑張って、大成功した時の充実感は絶対に今後の人生にもプラスになるはずです。

東京オリンピックに参加できる子供は少数かもしれませんが、参加できたとしたら人生が変わると言っても大げさではないと思いましたね。

日本で開催されるのは50年に一度あるかないかだと思いますので、自分の子供を参加させたいと思うのが自然だと感じます。

もし自分の子供が東京オリンピックに参加できなかったとしても、参加したいという行動が一生の思い出になるのではないでしょうか?

東京オリンピックに子供を参加させるデメリットは?

東京オリンピックに子供が参加するメリットは多いと思いますが、デメリットについても考えていきます。

まずデメリットとしては世界各国から外国人が集まってきますので、治安の悪化や暴動などの危険があると思います。

近年では大きなイベント会場でのテロ行為も目立っていますので、もし東京オリンピックに子供が参加した時に、テロ行為が最大のデメリットだと感じますね。
実際に過去のオリンピックでは人質事件も発生していて、多くの死者を出しているという暗い過去もあります。

日本は世界でも治安の良い国として知られていますが、多くの人が集まる東京オリンピックには危険も潜んでいる可能性はあるかもしれません。

デメリットは子供に危険が及ぶリスクだと思いますが、厳重な警備がされるはずですので、過度に不安になる必要はないと思いましたね。

スポンサーリンク

東京オリンピックの開会式や閉会式は一般公募される?聖火ランナーになる方法は?

東京オリンピックに何かしらの形で参加したいと思っている方は、ボランティアに応募する方法が一番の近道だと思います。

開会式や閉会式にエキストラとして参加するのは狭き門だと思いますし、それなりのスキルがないと難しいかもしれませんね。

聖火ランナーになるという方法もありますが、誰でもランナーになれるわけではなくて、スポーツに尽力してきた方や、社会貢献をしてきた人が聖火ランナーに選出されます。

一般公募もされるとは思いますが倍率が高いのは確実で、抽選で選ばれた幸運な人だけが聖火ランナーになれるといった感じかと思います。

世界的な祭典のオリンピックなので聖火ランナーも国籍を問わず、全世界から募集されるのも大きな特徴ですね。

東京オリンピック組織委員会各都道府県でも聖火ランナーの募集はするはずなので、応募して抽選に選ばれることを願うのが、最善の方法であると考えます。

東京オリンピックのスポンサー企業から募集がある?要チェック!!

東京オリンピックには世界各国の会社がスポンサーとして参加しますが、スポンサー企業から様々な募集があると思います。

スポンサーには4つの格付けがあって、格付けが高いほどオリンピックに大きく関わることができます。

最高の格付けであるワールドワイドオリンピックパートナーの企業は、聖火ランナーなどを募集する枠も与えられることになります。

オリンピック組織委員会や東京都の募集以外にも、スポンサー企業から募集される案件もあるはずなので、要チェックすることが大切ですね。

コカ・コーラなどは最高ランクのスポンサー企業ですから、募集案件に注意しておくことをオススメします。

以下、ワールドワイドオリンピックサポーター企業一覧です!

東京オリンピックの参加児童を公募する自治体が!国や都の公募はあるか?

東京オリンピックが2020年に開催されるにあたり、徐々に大枠が見えてきたという印象があります。

国や東京都はボランティアの募集を開始しましたし、今後は様々な自治体なども児童も公募される可能性が高いはずです。

日本で開催されるオリンピックということで、より多くの日本の人達が少しだけでも東京オリンピックに参加することは、本当に素晴らしいことだと思います。

児童が参加することで大きな希望と夢を抱くことができ、多くの自治体が公募することを切に願いたいところですね。

徐々に公募の形も見えてきた感はありますし、これからはより多くの公募の詳細が判明してくると思います。

今後の発表を待ちたいと思います。

東京オリンピックで詐欺が?!「子供が参加できる」と甘い誘惑にご注意を!

大きな注目を集める東京オリンピックだけに、すでに詐欺が横行しているという事実があるようですね。

オリンピックのチケット関連の詐欺や甘い投資話など、巧妙な詐欺に注意するよう組織委員会や東京都なども注意換気しています。

詐欺の一例としてオリンピックの職員を名乗ってきて、キャッシュカードなどをオリンピック仕様にすると説明し、カードを預り現金を引き出すという手口があります。

今後は「あなたの子供がオリンピックに参加できますよ」と言った詐欺も考えられ、お金を要求されて払ってしまうという方も、出てくるのではないかと思いますね。

東京オリンピックの開催が決まって舞い上がってしまう気持ちはわかりますが、言葉巧みな甘い誘惑には騙されないように注意してほしいです。

東京オリンピック子供の参加方法!ボランティアや開会式出たいが可能?まとめ

間もなく開催される東京オリンピックについて思うことは、メリットとデメリットの両方が間違いなくあるという感想です。

大きな経済効果も期待できると思いますし、日本が活性化され子供達にも大きな夢を与えてくれると思います。

しかし東京オリンピックが終わった後には建物の維持費が重くのしかかってきますし、感染症が拡大する可能性もないとは言えません。

世界中から様々な人が東京都に集まるわけですから、日本をアピールできる一方でテロや感染症などのリスクについても、今から真剣に考えておかないといけませんよね?

メリットばかりを見るのではなくて、東京オリンピックにっは大きなデメリットもあるということを把握して、将来の展望をしっかり見てほしい思いもあります。

とは言え東京オリンピックが開催されるのは決定したことですので、今は大成功させることだけに日本一丸で集中していきましょう。

スポンサーリンク