ジャニーズJrのユニットだったLove-tuneですが、解散理由が何だったのか話題になっています。

 

Love-tuneが解散した理由は干されたからで、苦渋の決断とも言われていますね。

 

本当に干されたから解散してしまったのか、真相を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 Love-tune(ラブトゥーン)とはどんなグループ?

 

はジャニーズ事務所に所属していた7人組アイドルユニットで、ジャニーズJrの中で活動していたグループですね。

 

ラブトゥーンはジャニーズJrの中でも人気があったグループで、次にCDデビューの最有力候補との声もあったほどです。

 

ラブトゥーンは歌って踊れるアイドルであるのはもちろんですが、他のジャニーズのグループにない本格的なバンドスタイルのライブが大きな魅力でもあります。

 

今年の5月にラブトゥーンと同じジャニーズJrだった「キンプリ」が華々しいデビューを果たしたことで、ラブトゥーンのCDデビューは当分無くなった感じは否めませんでしたね。

 

ラブトゥーンのメンバー全員が10代の頃からジャニーズJrとして活動していますが、このままアイドルでいることに疑問を感じて事務所を退所した感じがしました。

 

あと何年後に正式にデビューできるかわかれば頑張れたかもしれませんが、先が見えないことは不安でしかないですよね?

 

ラブトゥーンとして解散しただけではなく、メンバー全員がジャニーズ事務所を退所したというところに意志の強さを感じましたね。

 

Love-tune(ラブトゥーン)の解散理由は?

Love-tuneが解散することが発表されましたが、ジャニーズJrの中でもトップクラスの人気がありながら解散した理由が気になるところです。

 

以前からジャニーズ事務所との関係性が悪いという噂があったり、方向性の違いで事務所と衝突しているとも言われていましたね。

 

今年の3月にジャニーズJr公式チャンネルが開設されましたが、ラブトゥーンだけは公式チャンネルに不参加だったので、ファンの間では干されていって解散するのではとの憶測もありました。

 

今まで出演していたTV番組にも急に出演しなくなったりと、何かしらジャニーズ事務所と確執があったのは間違いない感じですね。

 

週刊誌で書かれていた散の大きな理由として、ジャニーズJrメンバーの契約更改の時にラブトゥーンは契約を保留したことで、ラブトゥーンは干されていったと報じていました。

 

他のジャニーズJrのユニットは契約更改でサインしているのに、ラブトゥーンだけ保留したことがジャニーズ事務所の逆鱗に触れたとも言われています。

 

報道では契約書にサインをしなくても待遇は変わらないと言われたにもかかわらず、唯一サインを保留したラブトゥーンだけが干されてたのも信憑性が高いなと感じましたね。

 

 Love-tune(ラブトゥーン)は干されていた?なぜ?

 

ジャニーズJrの中でも人気があったLove-tuneでしたが、ある時からテレビや雑誌に登場しなくなったのは事実ですね。

 

Love-tuneが解散した理由ははっきりとはわかりませんが、経緯を見ていると干されて仕事がなくなって追い込まれた感じもします。

 

ネット上ではLove-tuneが干されたのはジャニー喜多川さんの意向で、仕事を減らされたのではとの憶測もありました。

 

ジャニー喜多川さんはLove-tuneに目をかけていたのに、契約更改の時にサインを保留したことで激怒したとも言われていますね。

 

Love-tuneに大きな期待を持っていたジャニー喜多川さんからすれば、契約を保留されたことで可愛くなくなったのかなとも想像できます。

 

また一方では解散理由は干されていたからではなくて、ジャニーズ事務所と契約を保留したままだったので、契約期間が満了したから事務所を退所したとの憶測もあります。

ジャニーズ事務所としてはLove-tuneは契約を保留したままだったので、力を入れてLove-tuneを宣伝するモチベーションがなくなったようにも感じましたね。

スポンサーリンク

Love-tune(ラブトゥーン)の解散退所に滝沢秀明新社長?の関係?

 

突然とも言えるLove-tuneの解散と退所も衝撃でしたが、滝沢秀明さんが裏方に専念することが発表されてビックリしましたよね。

 

滝沢秀明さんはジャニー喜多川さんの後継者になると言われていて、将来はジャニーズ事務所の社長になると言われています。

 

すでに滝沢秀明さんはジャニーズ事務所に大きな影響力を持つ存在とも言われていて、重要な決定事項にも関わっているとも噂されています。

 

一部ではLove-tuneと滝沢秀明さんが不仲との噂もありましたが、あまり直接的には接していないと思うので、不仲ということはないんじゃないかと思いましたね。

 

ジャニー喜多川さんが特に目をかけて育ててきたのが滝沢秀明さんなので、Love-tuneを潰すためにジャニーズ喜多川さんが次期社長候補の滝沢秀明さんに進言した可能性もゼロではなさそうです。

 

まださすがに滝沢秀明さんがLove-tuneを退所させたとは思えませんが、少なからず影響力を発揮しているのは間違いないと思いましたね。

 

Love-tune(ラブトゥーン)安井謙太郎さんの映画主演で異変?

 

Love-tuneメンバーだった安井謙太郎さんが映画「ニート・ニート・ニート」に出演していますが、映画イベントに異変があったようですね。

 

イベントは東京都内で行われたにもかかわらず新聞社とテレビ局関係者は一社も来ておらず、やっぱりジャニーズ事務所から干されているのが理由だと言われています。

 

普通に考えて新聞社もテレビ局も一社もこないなんて不自然極まりないので、裏でジャニーズ事務所の力が動いたことは間違いないですよね?

 

もしLove-tuneがすんなり契約更改のでサインをしていたら、きっとイベント会場は多くのメディアで溢れていたことでしょう()

意にそぐわないものには徹底して冷遇しているようにも見え、あまりにも露骨な感じがして残念な気持ちにもなりました。

 

Love-tuneの7人全員が将来を考えての解散と退所と言われていますが、本当はどんどん干されていって追い込まれて解散したというのが真相だと思いますね。

 

Love-tune(ラブトゥーン)キンプリに先を越されたから?

 

Love-tuneが解散と事務所からの退所を発表した背景には、同じジャニーズJrだったking&Prince」キンプリが大きく影響しているとも言われています。

 

キンプリが華々しくデビューして大きな注目を集めていて、デビューして1年目でNHK紅白歌合戦に出場することも決定していますね。

 

ファンの間では次にCDデビューするのはLove-tuneと言われていましたが、結果はキンプリがデビューしてLove-tuneCDデビューは無くなりました

 

Love-tuneからすれば後輩のキンプリに先を越されてしまったわけで、ジャニーズ事務所にいるモチベーションも消えてしまったとも想像できますね。

 

キンプリに先を越されただけで退所の道を選んだとは思えませんが、キンプリの大活躍が影響したのは間違いないと思います。

 

Love-tuneのメンバー全員が10代の頃からジャニーズJrとして頑張ってきて、結局は後輩のキンプリに先にCDデビューされてしまったら、誰でも気持ちが切れてしまうのかなとも感じました。

 

Love-tune(ラブトゥーン)ファンの反応は?

 

Love-tuneの突然の解散と退所が発表されたことで、ファンの間では衝撃と怒りが広がっているようでしたね。

 

ファンの反応で多かったのが「どうして退所してしまうのか?」という疑問で、まだ現実を受け止められないといった感じでした。

 

またジャニーズ事務所のLove-tuneではなくなるけど、違う事務所から再デビューしてほしいという声も多かったですね。

SMAPメンバーだった稲垣吾郎・香取慎吾・草なぎ剛さんが所属する新しい地図に、Love-tuneが移籍してほしいという反応もありました。

 

新しい地図に移籍するとの噂は以前からありましたし、今回メンバー全員がジャニーズ事務所を退所することが決まったことで、来年中に新しい地図に合流するとの噂は根強くありますね。

 

そして今回の解散と退所を発表したジャニーズ事務所をへの不信感も強く、ファンの間では不信感が増強されているのは間違いなさそうです。

 

Love-tune解散と干された理由は?全員退所で新しい地図合流かまとめ

 

 

Love-tuneの電撃解散と退所について書いてきましたが、やはりジャニーズ事務所の圧力によって干されていったような気がしましたね。

 

Love-tuneはも人気も実力も人気もあったグループだっただけに、今回の解散発表でジャニーズ自体のファン離れも起こるかもしれません。

 

私としては新しい地図に合流してメンバーの全員で活動してほしいですし、新しい地図で人気が爆発してジャニーズ事務所を退所して良かったと思える日が来てほしいです。

スポンサーリンク