箱根駅伝予想2019!東海大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

正月の風物詩に箱根駅伝2019がありますが、東海大が優勝候補に予想されていますね。

箱根駅伝2019は三強対決とも予想されていて、今までにも東海大は歴代も輝かしい結果を収めています。

そこで東海大の歴代の結果についてや、注目選手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2019の優勝候補予想の東海大!出場校一覧と過去5年の成績

箱根駅伝の常連校であり強豪校として結果を残している東海大は、箱根駅伝に歴代で40回連続出場という記録も打ち立てています。

東海大の過去5年の箱根駅伝の結果は平成26年こそ13位でしたが、27年は6位で28年は5位と順位を上げましたが、29年に10位に後退していて去年は再び5位に躍進していますね。

東海大もは箱根駅伝2019の優勝候補に予想されていますが、過去の箱根駅伝でも上位に安定して入賞していて優勝候補の一角です。

東海大は歴代最高成績が2位という結果で優勝こそしていませんが、スピード重視のチームといった感じで総合的に全員が安定している印象があります。

東海大は箱根駅伝では往路優勝もしていますが、もう少しといったところで総合優勝を掴みきれていませんね。

今季のチームスローガンである「速さを強さに」を強く意識して、持っている力を最大限に発揮できるように日々練習しています。

箱根駅伝に初出場してから47年目で悲願の総合優勝を果たせるか、東海大の走りに注目したいところですね。

箱根駅伝2019!優勝候補予想「東海大学」の歴代の結果

箱根駅伝2019の優勝候補に予想されている東海大ですが、歴代の3大駅伝の結果を見てみたいと思います。

大学にて3大駅伝は「出雲・全日本・箱根」と言われていて、どの大学も3大駅伝で優勝できるよう努力していますね。

東海大の3大駅伝の成績は常に上位に入っている感じで、2017年の出雲駅伝では優勝もは成し遂げています。

全日本駅伝では2017・18年と2位と優勝まであと一歩でしたが、過去には全日本駅伝でも優勝していて残すタイトルは箱根駅伝のみです。

三大駅伝の中でも箱根駅伝の注目度は特に高いので、東海大としては箱根駅伝のタイトルを取ることは長年の悲願ですね。

東海大の印象としては3大駅伝の中では箱根駅伝に苦戦している感じで、もう一つ殻を破ることができれば箱根駅伝優勝という結果は近いと思います。

スピードに長けてる選手が多くいると思いますが、長距離区間でやや苦労している感じもあるので、持久力が向上すれば圧倒的な強さを発揮するとも言われていますね。

2018年も故障者を出してしまい万全の布陣で勝負できていなかったので、箱根駅伝では有力選手が十分に力を出せるかも大きなポイントです。

箱根駅伝2019の出場校東海大学の出身選手まとめ

東海大学は歴代に数多くのスポーツ選手や著名人を輩出していますが、ここでは東海大出身の陸上選手を抜粋して紹介していきます。

まず400m走の日本記録保持者でもある高野進さんも東海大出身で、3大会のオリンピックにも出場していますね。

伊東浩司さんも100m走で2017年まで10秒00の日本記録保持者で、桐生選手に記録を更新されるまで19年間も日本記録を維持しています。

男子マラソンの諏訪利成さんもアテネオリンピックで6位入賞していて、男子マラソンを牽引してきた一人です。
東海大は400m×4リレーで日本選手権を4回制覇していて、短距離走のスペシャリストを多く輩出している大学でもありますね。

末つぐ慎吾さんもアテネオリンピック400m×4リレーで銅メダルに貢献していますし、銀メダルだったジャマイカが失格処分になったので銀メダルになったばかりです。

箱根駅伝2019の東海大のチームの特徴は?

箱根駅伝2019の優勝候補の一角に押されている東海大ですが、箱根駅伝では2位が最高順位で優勝まであと一歩といった感じです。

東海大のチームカラーはスピードに長けてる選手が揃っていて、高校駅伝で活躍してきた選手が揃っているのも特徴ですね。

実力のある選手がたくさんいるのは間違いないところですが、万全の状態で駅伝に出られていない選手が多い印象もあります。

どのチームも好不調の波はあると思いますが、特に東海大のはまだまだ能力を発揮できていないと思いますね。

歴代のチームの中でもスピードスターが揃っていて「黄金世代」とも言われるメンバーもいて、持ちタイムもトップクラスの選手が多いのも特徴です。

スピードで押し切ってしまうというスタイルが東海大の特徴で、距離さえ克服できれば東海大の時代が必ず来ると予想する人も多いですね。

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2019東海大の予想エントリー選手は誰?エントリー候補選手一覧

箱根駅伝2019のエントリー候補選手に歴代最強と言われている「黄金世代」が入ることは確実で、全員が実力を発揮できるかが大きなポイントですね。

まず「黄金世代」の一人でもある舘澤亨次選手は日本選手権1500mを連覇という結果を残していて、学生の連覇は59年振りの大偉業を達成しており、駅伝でも結果を残しています。

次も「黄金世代」の一人である鬼塚翔太選手で、2年生の時には出雲駅伝で4区区間賞の走りをして、東海大の10年振り優勝に大きく貢献していますね。

關颯人選手も「黄金世代」の一人として1年生の時から箱根駅伝に出場していて、能力が高いのは間違いありません。

今年の7月に大けがをしてギプス生活をしていた阪口竜平選手も調子を上げてますし、3000m障害走でも国内有数の実力を持っているので期待大です。

そして出雲駅伝と全日本駅伝で1区を任されてきた西川雄一朗選手も、箱根駅伝2019で1区を走るのが濃厚だと思いますね。

箱根駅伝2019は東海大が優勝できる?【参考】2018の結果

箱根駅伝2018で東海大は総合5位という成績でしたが、優勝した青山学院大学からは差をつけられた感じでした。

箱根駅伝で総合5位という結果は立派な成績なのは間違いありませんが、東海大としては悔しい順位と言えるかもしれませんね。

箱根駅伝2018では2区で差が広がってしまったので、前半に青山学院大から離されないでいけるかが優勝できるか大きな鍵だと思います。

故障者が続出してしまっても大学三大駅伝で上位に入る力があるので、「黄金世代」メンバーの調整が順調に進めば、箱根駅伝2019の総合優勝も現実味を帯びてきますね。

箱根駅伝2018で総合5位から優勝するために、海外合宿も積んできているので2019年の東海大は新年早々に大爆発しても不思議ではないと思います。

個々が持っている能力は大学一だとも思いますので、後はその実力を発揮できるかどうかで総合順位は大きく変わるはずです。

東海大のチームカラーであるスピード力を最大限生かして、前半でペースを掴むことができれば総合優勝予想できるチームですし、青山学院大に勝てるのも東海大だけかなと感じましたね。

箱根駅伝予想2019!東海大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

箱根駅伝2019で東海大を優勝予想している人も多く、どんな結果になるか今から楽しみでワクワクしてきますね。

歴代の東海大駅伝メンバーの中でも今季メンバーは史上最強とも言われ、「黄金世代」も3年生になり最高の状態と言えると思います。

箱根駅伝で優勝予想に必ず入ってくる東海大ですので、そろそろ総合優勝のタイトルを手中に収めてほしいところです。

スポンサーリンク