箱根駅伝予想2019!中央大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

箱根駅伝2019に出場する中央大は常連校でもあり、歴代の順位も10位以内に入っている伝統校です。

 

中央大は箱根駅伝2019で優勝予想されていますが、歴大の結果も総合優勝経験もあり予想されるのも納得です。

 

ここでは中央大の歴代の結果や注目選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の優勝候補予想の中央大!出場校一覧と過去5年の成績

 

中央大は箱根駅伝に連続出場87回という記録を続けていましたが、第87回大会でついに連続記録は途絶えてしまいました。

 

箱根駅伝に出場するだけでも大変な事だと思うので、87回も連続して出場していたのは間違いなく大記録ですね。

 

過去5年間での箱根駅伝の成績は平成2615位・2719位・2815位・29年は出場なし・3015位という結果でした。

 

箱根駅伝で10位までに入れば来年も予選会なしで出場できますが、近年の中央大はシード権を獲得できない状況が続いています。

 

箱根駅伝2019ではシード権争いに加われるかどうか、中央大がどんな走りを見せてくれるかも見どころですね。

 

中央大がシード権争いに入ってきたら上位に食いこんでくる可能性もありそうで、優勝予想の本命に躍り出るかもしれません。

 

最近の中央大は有力選手がケガに苦しんでいる感じで、本来の走りを出せないまま終わっている感じもします。

 

かつて1960年代に総合優勝6連覇という輝かしい成績の中央大が、箱根駅伝2019で台風の目になる可能性もあると思いますね。

 

 

 

 

箱根駅伝2019!優勝候補予想「中央大学」の歴代の結果

 

箱根駅伝2019での走りが注目される中央大ですが、歴代の結果の中でも6連覇した記録は今も破られていません。

 

通算でも総合優勝14回は歴代1位の記録でもあり、箱根駅伝を語るうえで中央大は外すことのできない古豪ですね。

 

6連覇をしていた時の中央大は無敵と言える強さを誇っていましたが、近年は優勝予想に入りながらも苦戦を強いられています。

 

中央大が初めて箱根駅伝で総合優勝したのは1926年と言うことからも、中央大が伝統ある大学というのが伝わってきますね。

 

箱根駅伝で中央大は昔は本当に強く優勝予想の筆頭格とも言われていますが、伝統校としての誇りとプライドは確実に引き継がれています。

 

中央大は総合優勝回数・出場回数ともに歴代1位の記録を持っているので、箱根駅伝2019での走りも当然ながら注目されます。

 

また6連覇した時のような強い中央大の復活を、多くの駅伝ファンが待っているのは間違いないところです。

 

箱根駅伝2019の出場校中央大学の出身選手まとめ

 

箱根駅伝では優勝候補に予想されることも多い中央大ですが、駅伝の以外でも多くのスポーツ選手や著名人を輩出しています。

 

オリンピックの400m☓4リレーのメンバーだった飯塚翔太さんも中央大出身で、メダルを獲得した姿は昨日のように思い出されますね。

 

2016年のリオオリンピックでのメダル獲得の激走で、多くの人が飯塚翔太さんを知ることになったはずです。

 

男子バレーボール日本代表でイケメンの石川祐希さんも卒業生で、中央大ではアイドル顔負けの人気を誇っていましたね()

 

バスケットの五十嵐圭さんも中央大の出身ですので、各分野の第一線で活躍している選手が多いという印象が強いですね。

 

まだまだ他にも紹介しきれないくらい選手や著名人がいますが、ここでは誰もが知っていると思う人を抜粋して紹介してみました。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の中央大のチームの特徴は?

 

箱根駅伝2019で優勝予想されている中央大ですが、チームの特徴は何なのかを書いていきたいと思います。

 

個人的に歴代の箱根駅伝で中央大の特徴としては、以前は優勝争いの常連で強かったが最近は今いち物足りないイメージがあります。

 

過去の輝かしい成績もあって優勝予想され続けながらも、期待していたほど好成績を収めていないというのが実情だと思いますね。

 

ちょっと意外だったのが大学の三大駅伝と言われる出雲・全日本・箱根駅伝の中で、箱根駅伝以外は優勝経験がないことです。

 

箱根駅伝で歴代最多の14回という結果を残しているのに、出雲と全日本では優勝経験がないのも大学駅伝の難しさを表していますね。

 

箱根駅伝の連続出場記録が途絶えてしまったことで、一時期の中央大は気持ちが切れてしまった感じも見受けられました。

 

しかし今まで連続出場が知らず知らず重圧になっていて、連続出場が途絶えたことが中央大のチームの個性を引き出す良いきっかけになったとも感じました。

 

気持ちも記録も一度リセットされた中央大は、失うものがないからこそ伸び伸びとした走りができるかなと思っています。

 

2018年は出雲駅伝・全日本駅伝とも出場できていないので、箱根駅伝2019に懸ける思いは大学No1かもしれませんね。

 

箱根駅伝2019中央大の予想エントリー選手は誰?エントリー候補選手一覧

 

箱根駅伝2019の中央大のエントリー選手が決定しましたが、中でも堀尾謙介選手の走りに大きな注目が集まっています。

 

以前から高い素質があると評価されていた堀尾選手が、4年生になった今季は素質が一気に開花したと言える走りを披露していますね。

 

箱根駅伝予選会では日本人3番目のタイムを叩き出し、中央大の箱根駅伝2019本戦出場にも大きく貢献しています。

 

そして中山顕選手も注目される選手の一人ですが、箱根駅伝予選会では本調子ではない感じでしたが本番へ照準をしっかり合わせてくれると思いますね。

 

堀尾選手と中山選手は大学最後となる箱根駅伝2019で、最低でもシード権を獲得して後輩たちに置き土産を残してくれると期待しています。

 

連続出場を途絶えさせてしまった経験も大きな糧として、悔しい気持ちを箱根駅伝2019にぶつけて好成績を掴み取ってほしいです。

 

今回こそは優勝予想されただけで終わることなく、誰もが驚くような結果を残してくれる爆発力を秘めていると感じました。

 

箱根駅伝2019は中央大が優勝できる?【参考】中央大2018の結果

 

箱根駅伝2019で優勝予想されている中央大は、実際に優勝できる可能性はどれくらいあるのか検証したいと思います。

 

結論から言えば総合優勝はかなり厳しいとは思いますが、エントリー選手が、ベストコンディションで走れれば往路・復路のどちらかで優勝しても不思議ではないですね。

 

2018年は予選会で3位の結果を残し本戦出場をしましたが、本線では総合順位が15位と順位としては残念な結果に終わっています。

 

順位はシード圏外ということで残念な結果でしたが、箱根駅伝の登録メンバーの多くが今年も残っていることはプラス材料ですね。

 

2018年の予選会では3位ながら本戦で15位という順位も、箱根駅伝2018では予選会でピークに達していた感じも否めませんでした。

 

しかし今年は箱根駅伝2019本番にピークを合わせている感じなので、2018年の15位以上の結果を残せると思います。

 

2大エース以外の選手の底上げも着実に行われていると思うので、箱根駅伝2019で爆発するかもしれませんね。

箱根駅伝予想2019!中央大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめのまとめ

 

箱根駅伝2019で優勝候補に予想されている中央大は、歴代の成績もダントツで大学No1の古豪で復活が期待されますね。

 

2大エースを中心に各選手のチームワークも抜群で、新しい中央大として覚醒するのが箱根駅伝2019だとも感じました。

 

エースに触発されるかのように他の選手も奮起していて、チーム全体の力は2018年より格段にひやくしているはずです。

 

箱根駅伝2019で中央大は本当の意味で復活するのか、大いに注目してほしいところですね。

スポンサーリンク