箱根駅伝予想2019!青山学院大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

箱根駅伝2019で優勝予想の筆頭格の青学は、注目選手揃いの強豪校で結果も期待されます。

 

大学駅伝の絶対王者とも言える青学は歴代最強メンバーで、箱根駅伝2019でも多くの人が優勝予想しています。

 

そこで歴代の結果についてや注目選手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の優勝候補予想の青学大!出場校一覧と過去5年の成績

 

箱根駅伝2019で優勝予想の大本命の青学ですが、駅伝を知らない人でも青学と聞けばピンとくる人も多いかと思います。

 

最近では原監督や選手たちもテレビに出演することも多く、大学駅伝に青学旋風を巻き起こしていると言っても過言ではない感じですね。

 

青学の過去5年間の成績は平成26年は総合5位という結果で、平成27年から去年まで総合1位で4連覇しています。

 

青学は2018年の八雲駅伝と全日本駅伝でも優勝しているので、箱根駅伝20195連覇を達成すれば史上初となる2度目の大学駅伝3冠を達成することになりますね。

 

大きなアクシデントでもない限り優勝するのは必然とも思えるほどの強さで、歴代最強の大学駅伝メンバーとの呼び声も高いです。

 

箱根駅伝5連覇を達成している大学は歴代でも2校のみですが、青学が歴史に名を刻む可能性はかなり高いのは間違いなさそうですね。

 

箱根駅伝2019!優勝候補予想「青山学院大学」の歴代の結果

 

最近では圧倒的な強さで大学駅伝の絶対王者に君臨している青学ですが、平成21年の箱根駅伝では22位という結果でした。

 

昭和52年に途中棄権してからは平成21年まで出場しておらず、平成22年の総合8位の結果から着実に進化してきた印象ですね。

 

選手たちの素質の高さや努力が常勝青学の原動力なのは間違いありませんが、何と言っても原監督の手腕も欠かせない要素の一つです。

 

平成27年に初めて総合優勝したときも衝撃的でしたが、翌年からは走りを見ていても安心していられるほどの余裕さえ感じましたね。

 

優勝予想うんぬんという以前に青学が負ける姿は想像できないほどで、箱根駅伝2019でも優勝する姿しか思い浮かびません。

 

圧倒的な強さを誇っていながら決しておごることなく、謙虚な姿勢を忘れていないところも4連覇の原動力だと思いました。

 

箱根駅伝2019の出場校青山学院大学の出身選手まとめ

 

青山学院大学の出身選手で有名な選手と言えば神野大地選手で、現在もプロランナーとして活躍していますね。

 

神野大地選手と言えば「三代目山の神」と呼ばれていて、青学の5連覇の基礎を築いた選手として有名です。

 

神野大地選手が登場したことで青学は劇的に変化した感があり、その後の結果は誰もがは知るところだと思います。

 

あの急勾配な箱根の山を駆け抜けていた姿は衝撃的で、本当に大学生なのかと本気で思ったほどでした()

 

神野大地選手以外にはプロ野球のロッテ監督の井口資仁さんや、サザンオールスターズの原由子さんなども青学の卒業生ですね。

 

また多くの芸能人を数多く輩出しているのも大きな特徴で、文武両道の大学といったイメージも強い感じがしました。

 

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の青山学院大学のチームの特徴は?

 

箱根駅伝2019でも優勝予想の大本命の青学ですが、チームとしての特徴は何なのかを簡潔に紹介したいと思います。

 

まず青学の最大の特徴は選手層の厚さが挙げられると思いますが、レギュラーメンバーでさえも油断できないほど熾烈な競争が常にあるのも特徴的ですね。

 

箱根駅伝は急勾配のコースが選手を苦しめますが、青学には各分野においてスペシャリストがいて絶対的な強さを発揮しています。

 

もちろん選手たちは重圧もあるはずなのに伸び伸び走っている印象があり、程良い緊張感を保ててるのも強さの秘訣だと思います。

 

1年生から4年生までかたよることなく才能豊かな選手が豊富で、プラスしてチーム内で競争意識がしっかり働いているので4連覇できていると感じますね。

 

万が一アクシデントが起こったとしても変わりの選手が多くいるのも強みで、他の大学にはない層の厚さと競争意識を芽生えさせている原監督の手腕もお見事です。

 

去年までは下田裕太選手や田村和希選手など絶対的エースがいましたが、今年は全員がエースと言えるような走りとチームワークの良さがあると感じますね。

 

試合で不甲斐ない走りをしてしまったら交代させられるかもしれないという緊張感が、常勝青学を築き上げているとも思いました。

 

箱根駅伝2019青山学院大学の予想エントリー選手は誰?エントリー候補選手一覧

 

青学の箱根駅伝2019エントリー選手が発表されましたが、ほぼ予想通りのメンバーで歴代最強という感じがしました。

 

前回の箱根駅伝で2区区間賞を獲得した森田歩希選手や、6区区間賞の小野田勇次選手も順当にエントリーしていますね。

 

特筆したいのが前回7区で歴代最速の区間新記録を叩き出した林奎介選手で、箱根駅伝2019で再び区間新記録を出すかもにも注目です。

 

また山登りのスペシャリストと言われる竹石尚人選手も箱根の山登りの切り札とも言える存在ですし、5000mで青学歴代最高タイムを出した橋詰大彗選手もエントリーされました。

 

有力な4年生の選手が卒業してしまっても補って余りあるほどの選手が控えていて、次から次へと新星が登場するのも青学の特徴だと思います。

 

青学は他にもまだまだ有望選手が多くいますので、きっと原監督は眠れないほど人選に悩んだのかなとも想像しますね()

 

どの選手も他の大学に行っていたらエースになり得る選手ばかりで、箱根駅伝2019優勝予想が覆ることは考えられないほどの歴代最強メンバーですね。

 

エントリーされた選手が普段通り走ることができれば、おのずと総合優勝と5連覇という大偉業は達成されるはずです。

 

青学は他にも有力選手が目白押しで他の大学より頭一つ抜けているので、箱根駅伝2019でも予想通り優勝すると断言したいほどのメンバー構成ですね。

 

箱根駅伝2019は青山学院大学が優勝できる?【参考】青山学院大学2018の結果

 

箱根駅伝で青学が優勝できるかどうかは予想が割れていますが、私は圧倒的な強さで歴代3校目の5連覇を達成するのではないかと思っています。

 

青学は2018年も総合優勝して4連覇を達成していますが、前半戦の往路の走りは苦戦していて厳しい結果だったと思います。

 

 

前評判では圧倒的な大差で優勝するとの予想もされていましたが、往路の時点では総合優勝のは無理かなとハラハラする展開でした。

 

しかし2日目の復路で徐々に順位を上げていき6区で1位になってからは、最後までトップを維持してゴールしましたね。

 

2019年も往路では順位を下げる可能性もあるかもしれませんが、復路で巻き返して逃げ切るという結果になると予想しています。

 

青学が総合優勝を逃す場合として考えられるのは不測の事態が起こってしまう以外に、欠点は見当たらないと思いますね。

 

青学の箱根駅伝2019メンバーは史上最強とも言われているので、去年以上に圧倒的な大差で総合優勝を果たしてしまうほど選手のレベルは高いです。

 

箱根駅伝予想2019!青山学院大学が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

 

箱根駅伝史上3校目の5連覇をできるかどうかに目が集まっている青学ですが、ひょうひょうと大偉業を成し遂げてしまうと予想しています。

 

青学の三本柱である森田・橋詰・鈴木の3選手がどんな走りを見せてくれるか、今から箱根駅伝2019が待ちきれないほどワクワクしますね()

 

チームワークと個々の選手が堅実な走りさえできれば、史上初となる2度目の大学駅伝3冠も夢ではないと思うので注目したいところです。

スポンサーリンク