箱根駅伝予想2019!早稲田が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

箱根駅伝2019で優勝予想されている早稲田ですが、歴代の結果も輝かしい成績を残しています。

 

毎年上位に予想される早稲田は安定した結果を収めていて、箱根駅伝2019でも優勝候補の有力校ですね。

 

そこで箱根駅伝の歴代の結果についてや注目選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の優勝候補予想の早稲田!出場校一覧と過去5年の成績

 

箱根駅伝2019で多くの人が優勝予想している早稲田は、歴代で見ても安定した成績を収めている伝統校として知られています。

 

直近5年間の成績から見ても安定感抜群の結果で、平成26年4位・27年5位・284位・29年3位・30年3位という結果を残しています。

 

大学三大駅伝は出雲・全日本・箱根とありますが早稲田は特に歴代から箱根に強い印象で、常に優勝予想の筆頭に押されるほどの実力校ですね。

 

箱根駅伝4連覇中の青学にとっても早稲田は驚異となる存在だと思いますので、2019年の年明けから青学とデットヒートも十分に予想されます。

 

早稲田は大学駅伝の中でも特に人気がある大学なので、箱根駅伝2019でもファンの期待に応えてくれると信じたいですね。

 

1年生を中心に将来を見据えたメンバー構成だと思うので、着実にチームとして成長している印象があります。

 

箱根駅伝2019!優勝候補予想「早稲田大学」の歴代の結果

 

箱根駅伝で輝かしい結果を残し続けている早稲田ですが、第一回大会から箱根駅伝に出場している最古参でもあります。

 

総合優勝回数13回は歴代2位に位置していますし、出場回数も今季で88回目で42年連続出場という金字塔も打ち立てていますね。

箱根駅伝で直近の総合優勝は2011年の時でしたが、この年は大学駅伝3冠も達成して早稲田黄金期と言える年でした。

 

箱根駅伝での早稲田は10位以内に入るのは当たり前と思えるほど安定していて、10位以内に入れなかった時のショックは他の大学より大きいかもしれませんね。

 

早稲田は平成19年から12年連続で10位以内でシード権を確保していて、久々の総合優勝も手の届く寸前といった感じです。

 

箱根駅伝2019でどんな走りを見せてくれるか、古豪が完全復活して王者青学を倒せるかにも注目したいですね。

 

箱根駅伝2019の出場校早稲田大学の出身選手まとめ

 

箱根駅伝2019に出場する早稲田には伝統校と呼ばれるだけあって、数多くのスポーツ選手を輩出していますね。

 

早稲田出身の瀬古利彦さんは「世界最強ランナー」と言われたマラソンランナーで、現在は指導者として活躍しています。

 

そして2011年に早稲田が大学駅伝3冠の原動力となった大迫傑さんも卒業生で、今年のシカゴマラソンで日本新記録を樹立し、報奨金1億円を獲得したことも大きな話題になりましたね。

 

フィギュアスケートの羽生結弦さんや荒川静香さんや、プロ野球選手の「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹さんも早稲田出身です。

 

早稲田大学と言えば日本で知らない人はいないほど有名校ですから、歴史に残る名選手を数多く輩出しているのも当然かもしれません()

 

大迫傑さんは早稲田は在学時も絶対的エースとして大活躍していましたが、現在も第一線で活躍し続けているのは、本当に才能豊かで非凡な素質があった証拠ですよね。

 

よく大学の時は将来有望と言われながらも卒業後は結果が振るわないパターンも多いので、大迫傑さんは貴重な存在とも思います。

 

大迫傑さんが卒業してから総合優勝は果たせていませんが、次世代の新エースが次々と入学してくるのも早稲田の特徴だと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の早稲田大のチームの特徴は?

 

箱根駅伝2019で優勝予想のはされている早稲田ですが、チームは順調に調整されているとは思えず不安もある感じです。

 

今年の出雲駅伝では10位で全日本駅伝は15位という結果で、過去5年以内では最低の順位になっていますね。

 

ただ順位が振るわなかった原因ははっきりしていて、4年生の有力選手がケガや調整不足で1年生中心のメンバーだったことも要因だと思います。

 

早稲田のチームの特徴としては歴代においてもパワー型の選手が多い印象で、スピードは少し物足りないかなという感じがしますね。

 

2018年に箱根駅伝を経験しているメンバーは5人いますが、他の大学と比較すると少なくて多少の不安は残りますね。

 

間違いなく実力ある選手は数多くのいる早稲田ですから、個々の選手が本来の実力を発揮できれば打倒青学も十分可能です。

 

パワーとスタミナが必要な箱根駅伝において早稲田は相性抜群なので、箱根駅伝2019の本番での走りに注目したいところです。

 

箱根駅伝2019早稲田大の予想エントリー選手は誰?エントリー候補選手一覧

 

箱根駅伝2019の早稲田エントリー選手が発表されましたが、注目は1年生のスーパールーキー中谷雄飛選手ですね。

 

中谷選手は出雲駅伝の3区で5人抜きの区間4位でしたし、全日本駅伝でも3区で7人抜きで区間2位と大健闘でした。

 

高校時代には無敵とも言える強さで注目を浴びていて、鳴り物入りで早稲田に入学してからも見事な走りを見せてくれています。

 

そして今季は特に絶好調の3年生の太田智樹選手も注目選手の一人ですが、夏頃にケガをしてしまったので箱根駅伝2019で万全の状態に戻せるかが鍵ですね。

 

4年生の永山博基選手も実力は申し分ない期待の選手ですが、永山選手もケガで故障明けなので調整が順調かどうか不安があります。

 

チームキャプテンを務める清水歓太選手がチームをまとめられるか、走り以外での活躍にも注目したいところですね。

 

もちろん清水選手は箱根駅伝2018でも9区区間賞の走りでしたので、2019年の箱根駅伝でも復路を任されるのは濃厚だと思います。

 

仮に箱根駅伝2019の順位が悪かったとしても、1年生も多くいるので数年後には総合優勝していると予想していますね。

 

箱根駅伝2019は早稲田大が優勝できる?【参考】2018の結果

 

箱根駅2019で早稲田は総合優勝できるのかについては、2018年の走りを振り返ることも重要だと思います。

 

箱根駅伝2018の結果は1日目の往路は3位という結果でしたが、2日目の復路では7位と順位を下げ総合順位は3位でしたね。

 

総合順位が3位という結果は前評判以上の好成績という印象で、大健闘だったという専門家の意見も多かったです。

 

では箱根駅伝2019で早稲田は優勝できるかどうか、個人的には総合優勝は厳しいのではないかと予想していますね。

 

スーパールーキーの中谷選手がいるとは言え全体的に故障明けの選手が多く、優勝争いまで行ったとしても最後までは持たないと思います。

 

ただ早稲田は本当に箱根駅伝で強さを発揮しているので、蓋を開けてみないと結果はどうなるかわからないのも早稲田の特徴ですね。

 

総合優勝となると青学や東洋に勝たないといけないわけで、2018年の青学の走りを見たら早稲田は苦しいと個人的に予想しています。

 

しかし前評判では優勝は厳しいとの見方もありますので、あまり重圧を感じることなく伸び伸び走れれば総合優勝の可能性もあるかもしれませんね。

 

とにかく前半の往路で上位争いできるかどうかが、早稲田にとっては何より重要なで優勝の絶対条件になると思います。

箱根駅伝予想2019!早稲田大が優勝候補?歴代の結果や注目選手まとめ

 

箱根駅伝2019で優勝予想されている早稲田ですが、歴代の結果を見ても箱根駅伝では絶対的な強さを誇っています。

 

今年も八雲・全日本駅伝では順位も振るいませんでしたが、箱根駅伝2019に向けて照準を絞ってきている感じですね。

 

箱根駅伝でどのような走りを見せてくれるのか、早稲田の走りにも大いに注目したいところです。

スポンサーリンク