まんぷく池田信用組合のモデルと撮影ロケ地は?池田市と安藤百福の関係

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』といえば、あらすじだけではなく、池田信用組合池田市撮影ロケ地についても、とても話題になっているようですね。

そこで、今回は、NHK連続テレビ小説『まんぷく』に登場してくる池田信用組合や池田市、そして撮影ロケ地といったことについて、お届けしていきたいと思います。

そのほか、さらに登場してくる梅田銀行や、池田信用組合と立花萬平についても見ていきますよ。

それでは、さっそく、ご覧ください。

スポンサーリンク

 

まんぷくの池田信用組合のモデルは大阪華銀という在日中国人向け金融機関

NHK連続テレビ小説『まんぷく』は、安藤百福さんの妻の安藤仁子さんがモデルの立花福子、安藤百福さんがモデルの立花萬平らが活躍していく、食にまつわる痛快なストーリー。

このように、NHK連続テレビ小説といえば、完全なフィクションではなく、モデルとなる人物や団体が出てくるということでも有名ですよね。

さて、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で注目されている団体のなかには、池田信用組合という金融機関がありました。

それでは、この池田信用組合のモデルというのは、はたして、存在したのでしょうか?

調べてみると、ちゃんと存在していて、大阪華銀という金融機関だったと判明しました。

大阪華銀は、在日中国人向けの金融機関とのこと。

当初は、大阪華僑合作社という名称でしたが、やがて大阪華銀と名前をあらためております。

人物だけではなく、金融機関まで、ちゃんと、モデルとなる存在があったとは、さすがはNHK連続テレビ小説『まんぷく』ですよね。

そんな大阪華銀は、順調に経営されていったのでしょうか?

残念ながら、最終的には、倒産に追い込まれてしまっていました

これには、次でご紹介する三和銀行という金融機関が関わってくることになるのです。

 

まんぷく梅田銀行のモデルは三和銀行(現三菱UFJ銀行)

NHK連続テレビ小説『まんぷく』で、池田信用組合のモデルとなっていた、大阪華銀という金融機関。

では、ここが倒産してしまうという結果に関わっていた三和銀行とは、どのような金融機関なのでしょうか。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』で登場する金融機関としては、梅田銀行がありますよね。

この梅田銀行のモデルこそが、三和銀行なのでした。

なお、三和銀行は、現在、三菱UFJ銀行となっております。

立花萬平のモデルだった安藤百福さんのネームバリューもあって、大阪華銀は繁盛していきます。

しかし、もうかったのはいいものの大阪華銀は経営に問題があり、結果的に貸し出し超過となってしまったのです。

そんな大阪華銀は三和銀行から手形の割引によって支援を受けていました。

が、やがてそれも厳しくなって最終的には取り付け騒ぎによって倒産する羽目になったのです

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出てくる金融機関のモデルに、そんな歴史があったとは、おどろきますよね。

スポンサーリンク

まんぷくの池田信用組合と萬平のネタバレ!

三和銀行から手形の割引を受けられなくなり、倒産に追い込まれていた大阪華銀。

これをモデルとしたのが、NHK連続テレビ小説『まんぷく』の池田信用組合ですが、ここと立花萬平の関係はどうなっているのでしょうか。

現実には、立花萬平のモデルだった安藤百福さんの力ぞえもあって当時の大阪華銀は繁盛していきましたが…?

脱税容疑で捕まり有罪になったものの、釈放されて人気者になっていた立花萬平。

そんな立花萬平に向かって大烏勘一は、池田信用組合の設立のため協力を要請します。

それは立花萬平に池田信用組合の理事長に就任してほしいというものだったのです。

あまりにも予想外のことだったため、立花萬平は躊躇してしまう。

しかし、小野塚真一が参加するということで同意することにします。

その後、立花萬平は池田信用組合の理事長として精進していきました。

ところが、池田信用組合が梅田銀行から融資を打ち切られたため、ピンチに。

現実の大阪華銀とは異なり、池田信用組合は立花萬平の引責辞任で倒産は免れることになります。

ドラマの中では倒産せずに済んで、ホッとしましたね。

 

まんぷくの池田信用組合の撮影ロケ地はどこ?

そんなNHK連続テレビ小説『まんぷく』の池田信用組合の撮影ロケ地とは、いったいどこだったのかが気になりますよね。

ドラマといえば定番の撮影ロケ地ですが、東京都内や首都圏が圧倒的に多くなっています。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』の池田信用組合の撮影ロケ地も、そうだったのでしょうか?

さっそく探してみたのですが、池田信用組合の撮影ロケ地は不明でした。

判明次第、追記させていただきたいと思います。

さて、NHK連続テレビ小説といえば、毎回、東日本と西日本が交互に舞台となっており、『わろてんか』は京都府と大阪府、『半分、青い。』は岐阜県と東京都、そして、『まんぷく』は大阪府となっておりました。

そこで、『わろてんか』や『半分、青い。』の撮影ロケ地はどこだったのか、調べてみました。

両者ともに設定どおりで、『わろてんか』は京都府、『半分、青い。』は岐阜県がメインでした。

そのため、池田信用組合の撮影ロケ地も、大阪府内の可能性が圧倒的に高いのではないでしょうか。

 

まんぷくのモデル安藤百福の自宅がある!本場の池田市で撮影は?

ということで、NHK連続テレビ小説『まんぷく』の撮影ロケ地は大阪府が注目されていきそうです。

そんななか、市町村単位で注目されているところがありました。

そこは、大阪府池田市だったのです。

どうして大阪府池田市が撮影ロケ地として注目されていたのかというと、立花萬平のモデルである安藤百福さんの自宅があったからなのですね。

これでは、大阪府池田市が撮影ロケ地?と考えられるのも当然でしょう。

実際のところは、大阪府池田市がNHK連続テレビ小説『まんぷく』の撮影ロケ地になっているのかどうかは分かりませんでした

大阪府池田市には、安藤百福さんの自宅だけではなくカップヌードルミュージアム大坂池田という施設もあります。

関心をお持ちのNHK連続テレビ小説『まんぷく』ファンの方々は、大阪府池田市に行ってみてはいかがでしょうか?

 

大阪池田市とまんぷく萬平のモデル安藤百福の関係!大失敗を犯す

そんな大阪府池田市といえば、立花萬平のモデルである安藤百福さんとは因縁もありました。

それは立花萬平もそうだったように、安藤百福さんも脱税容疑で捕まってしまったからなのですね。

結果、安藤百福さんはGHQによって収監されてしまい、すべての不動産を没収までされるというとんでもない目に遭ってしまったのでした。

捕まった理由は、雇用していた若年労働者に奨学金を出していたところ、源泉徴収しなかったというもの。

立花萬平とおなじように、安藤百福さんも、裁判の結果、釈放となりましたが、とんだ騒動なのでした。

ここから日清食品が急成長していくわけですから、すごい話ですけどね。

 

まんぷく池田信用組合のモデルと撮影ロケ地は?池田市と安藤百福の関係まとめ

ということで、今回は、NHK連続テレビ小説『まんぷく』について、池田信用組合、池田市、撮影ロケ地などをまとめました。

とくに、池田信用組合のくだりはとても興味深いものとなりましたね。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』で、大阪府池田市は撮影ロケ地か否かが早く分かることに期待しましょう。

スポンサーリンク