2019年高校野球ドラフト候補予想!注目選手は誰? 

2019年高校野球ドラフト候補はどの選手なのか、早くも注目が集まっています。

 

超高校級と言われている選手に熱い視線が注がれていますが、高校野球の隠れた逸材はまだまだいると思いますね。

 

そこで2019年のドラフト候補選手について、ポジション別に紹介していきます!

スポンサーリンク

2019年高校野球ドラフト候補!【投手】

 

2019年高校野球ドラフト候補の中でも逸材が多いと思うのが投手で、中には超高校級と言われている有望選手もいますね。

 

大きな注目を集めているのが岩手県の大船渡高校の佐々木朗希(ろうき)選手で、早くも日本ハムファイターズがドラフト1位指名を宣言しているほどです。

 

神奈川の横浜高校の及川雅貴選手もドラフト1位は確実と言われていて、左投手ということでも大きな注目を集めていますね。

 

東京の日大三高校の広沢優選手190cm75kgと恵まれた体格で、現在は最速148キロとのことですが、まだまだ伸びしろがある期待の選手です。

 

同じ日大三高校からもう一人の有力選手が井上広輝選手で、最速150キロの速球が魅力ですがケガに苦しんでいるところが少し不安材料かもしれません。

 

石川の星稜高校の奥川恭伸選手も最速150キロの速球を武器に、2018年の甲子園では2年生エースとして好投していた姿が印象的でした。

 

岡山の創志学園高校の西純也選手2018年の甲子園で一気にブレイクし、最速150キロの速球を武器に三振を取れる投手ですね。

2019年高校野球ドラフト候補!【捕手】

 

2019年に限らず捕手はドラフト候補のポジションでも貴重で、野球では「第二の監督」とも言われる扇の要ですね。

 

良い捕手の条件として投手を上手くリードできる能力や、盗塁を阻止できる強い肩など捕手に求められる仕事は他のポジションよりも多いと思います。

 

最も注目されている高校野球の捕手は奈良の近江高校の有馬諒選手で、高校1年生の時からプロのスカウトも注目するほどの逸材ですね。

 

有馬諒選手は強肩とリード力の高さに定評があって、時には監督にも意見するなどチームを統率する能力も高い選手です。

 

石川の星稜高校の山瀬慎之助選手は肩の強さが際立っていて、遠投では120mノーバウンドで届くほどの肩で、座ったままでも強肩を生かした送球ができるのも魅力的ですね。

 

和歌山の智弁和歌山高校の東妻純平選手は強肩と打撃力が特徴の選手で、他の高校野球の捕手と比較しても打撃センスの高さは大きな魅力だと思います。

 

プロ野球でも捕手として一人前になるまでには何年も時間がかかるので、将来性を特に重視した人選が重要になってくると思います。

 

2019年高校野球ドラフト候補!【内野手】

 

2019年高校野球ドラフト候補の内野手のポジションの有力選手は多く、どの選手がドラフト1位になるのかも楽しみなところですね。

 

内野手で2019年の高校野球で最注目選手になりそうなのが、愛知の東邦高校でサードを守っている石川昴弥(たかや)選手です。

 

高校1年の時から東邦高校で4番を任されていて、打撃は強打が特徴で守備では強肩を生かした守りが特徴的な選手ですね。

 

高校通算本塁打も35本以上という長打力も兼ね備えていて、大型内野手としてドラフト候補に上がるのは間違いなさそうです。

さらに東邦高校でショートを守る熊田任洋(とうよう)選手は、走攻守の三拍子揃った総合力は超高校級の逸材とも言われています。

 

50m走が6秒という快速を生かした走りで盗塁も量産していて、プロの世界でも十分通用する非凡な才能の持ち主だと思いますね。

 

そして青森の八戸学院光星高校の武岡龍也選手ですが、こちらも走攻守で三拍子揃ったショートとして注目されています。

 

八戸学院光星の卒業生にはプロで活躍している巨人の坂本勇人選手がいますが、武岡龍也選手には「坂本二世」との呼び声もあるほどですね。

 

2019年高校野球ドラフト候補!【外野手】

 

2019年高校野球で外野手の有力ドラフト候補には、神奈川の横浜高校の小泉龍之介選手がドラフト候補の筆頭格と言えそうです。

 

横浜高校と言えば松坂大輔投手の母校としても有名で、日本全国から才能豊かな選手が多く集まってくる高校ですね。

 

そんな横浜高校で1年生の時からレギュラーとして活躍し、初学生の時にはソフトボールの遠投投げで日本一になるなど運動神経抜群です。

 

 

そして大阪の大阪桐蔭高校の外野手でキャプテンでもある中野波来(はる)選手も、強肩強打の外野手として注目されていますね。

 

大阪桐蔭は高校野球史上初の甲子園春夏連覇を2度果たした高校で、中野波来選手が甲子園でどのような活躍をするのかにも注目したいところです。

 

山形の酒田南高校の大型スラッガーの呼び声も高い伊藤海斗選手は、何と言っても189センチ88キロという規格外の体格の良さも魅力です。

 

高校生とは思えない巨体から「アナコンダ」というあだ名が付いていて、クネクネした打撃フォームも印象的な選手ですね。

スポンサーリンク

 

2019年高校野球ドラフト候補注目選手!佐々木郎希選手

 

2019年のドラフト候補で最も注目されている佐々木朗希選手は、大リーグで活躍している大谷翔平選手と同じ岩手県出身の投手です。

 

佐々木朗希選手は身長189センチ体重81キロの恵まれた体格で、最速157キロの速球を誇り「大谷2世」と言われている逸材ですね。

 

最速157キロの速球はプロの投手でも数えるほどしか投げれないので、高校野球の時点で157キロの速球を投げれるのは規格外と言えます。

 

中学時代から注目されていた選手で私立の強豪校からスカウトされながらも、中学時代の仲間と野球がしたいとの理由で地元の大船渡高校に進学していますね。

 

佐々木朗希投手の最大の魅力は速球にあると思いますが、まだまだ荒削りな部分が多いなとも感じるので、今後は打者を打ち取るための投球術を磨くことが大切かなとも思いました。

 

同じ岩手出身の大谷翔平選手が高校3年春の時よりストレートの威力は上との声もあり、大谷翔平選手と比べても遜色ない才能の持ち主と言っていいと思います。

 

早くもプロの世界でどのくらい勝てるのかに注目が集まるほどで、2019年は佐々木朗希選手から目が離せませんね。

 

2019年高校野球ドラフト候補注目選手!奥川恭伸選手

 

もう一人2019ドラフト候補で注目を集めるのが石川の星稜高校のエース奥川恭伸選手で、北信越大会では10者連続三振を達成しています。

 

最速150キロのストレートと三種類の変化球はどれも一級品で、高校生とは思えないほどの投球術は高く評価されていますね。

 

プロ野球の巨人でエースとして活躍している菅野智之投手と似ているともいわれ、高校野球で10年に1人出てくるかどうかの才能とも称されています。

 

高校2年生の時にU-18日本代表に選ばれていて、国際大会でも圧巻の投球を披露していて物怖じしないなと感じさせる投球でしたね。

 

当初は大船渡の佐々木朗希選手よりも注目度は低いかなという印象でしたが、ここにきて同じくらい注目されてきていて、どんどん進化しているなという感じがします。

 

投手としての総合力の高さは間違いなく高校野球でナンバー1だと思うので、今後は全体的に実力を付けていけばプロでも大成する予感しかしませんね。

 

身体能力の高さだけではなく野球に対する考え方も高校生離れしていて、自分に何が足りないのかも冷静に分析できるところも規格外と感じました。

 

2019年高校野球ドラフト候補注目選手!及川雅貴・西純矢選手

 

2019年高校野球ドラフトで上位指名が確実視されているのが、横浜高校の及川雅貴選手と創志学園の西純也選手ですね。

 

及川雅貴投手は左投げで中学時代から日本代表に選出されるほどで、「スーパー中学生」として大きな注目を集めていました。

 

TV番組の企画でプロ野球選手と対決した時に三振を奪っていて、プロの選手から普通にプロでいる投手と言われていたのが印象的でしたね。

 

大型左腕という貴重な逸材でプロのスカウト陣からも熱視線を集めているので、2019年はどう進化してくれるのかも楽しみなところです。

 

そして創志学園高校のエースとして活躍している西純矢投手も、本格派投手なのでドラフト上位候補として注目されています。

 

キレのある変化球や強いメンタルを持っているところも高評価で、腕がしっかり振れているので打者も三振すると言われていました。

 

燃える闘将として活躍した星野仙一さんを思い起こさせるような気迫は、プロの世界では欠かせない大切な要素だと思うので、西純也投手はプロでも通用すると思います。

 

2019年高校野球ドラフト候補予想!注目選手は誰? まとめ

 

2019年の高校野球ドラフト候補の注目選手を紹介してきましたが、東北からは超高校級の投手が多く輩出されるなと思いました!

 

高校野球で大活躍したからプロの世界で活躍できるとは限らないのも、野球の面白さでもあり怖さだと再認識しました。

 

2019年のドラフト候補の中でどの選手が飛躍していくのか、今年のドラフトで1位指名される選手は誰なのか注目して見てほしいですね。

スポンサーリンク