女子サッカーワールドカップ2019予選結果と出場国一覧!歴代優勝国まとめ

女子サッカーワールドカップ2019の予選の結果も出揃い、歴代の優勝国も順当に予選突破しています。

なでしこジャパンも女子サッカーワールドカップ優勝国として、ワールドカップ2019で大きな注目を集めています。

そこで各国の予選結果と歴代優勝国を紹介していきます。

女子サッカーワールドカップ2019の出場国

女子サッカーのワールドカップ2019はフランスで開催されますが、世界の強豪32チームが出揃いましたね。

出場国のほとんどは男子サッカーの強豪国と同じだと思いますが、男子サッカーよりも若干アジアのレベルが女子サッカーの方が高く感じます。

女子サッカーワールドカップ2019は世界の6大陸ごとに予選が行われ、各地区で勝ち上がってきた24チームだけが本戦に出場できますね。

出場枠がもっとも多いのが欧州の8で開催国のフランスは自動的に本戦に出場するので、全部で9チームが出場します。

イングランド・フランス・ドイツ・スペインなどが予選を突破していて、欧州は男子サッカーの強豪国と同じ感じです。

我らが日本も予選を勝ち抜いて本戦出場が決まっていて、他には中国・韓国・オーストラリアと順当に勝ち上がってきた印象です。

南米はブラジル・アルゼンチン・チリが予選を勝ち抜いていて、個人的にはチリが本戦で旋風を巻き起こすんじゃないかと期待しています。

アフリカではナイジェリアに注目したい感じですし、北中米カリブ海ではアメリカが日本の最大のライバルになりそうですね。

女子サッカーワールドカップ2019の日本の予選結果!グループステージ組合せ決定!

女子サッカーワールドカップ2019で日本は負けることなく予選突破していて、新生なでしこジャパンは着実に結果を残しています。

正直なところなでしこジャパンがワールドカップで初優勝した時よりは、戦力的に落ちたかなと思った方も多いかもしれませんね。

なでしこジャパンの予選結果は32分という結果で、強豪国のオーストラリアと引き分けた事が大きかったと思います。

アジアでは日本はひとつ上の実力があるとは思いますが、近年はアジアのレベルも急速に上がってきていて油断できない状況ですね。

日本はワールドカップ2019でグループDに入り、イングランド・スコットランド・アルゼンチンと戦うことになりました。

グループの中で2位までが決勝トーナメントに進出できるので、日本としては強豪イングランドとの戦いがポイントになりそうですね。

どの国にも同じ事が言えますが日本は初戦のアルゼンチン戦をどう戦えるかで、ワールドカップ2019の結果も大きく変わると思います。

イングランドとは第3戦で戦うことも日本にとってはプラス材料だと思うので、できれば第2戦までに予選突破を確定させたいところですね。

スポンサーリンク

女子サッカーワールドカップ2019のなでしこジャパンの見どころは?

女子サッカーワールドカップ2019で優勝国として、なでしこジャパンがどんな戦いを見せてくれるのか、注目してほしい見どころを私なりに紹介したいと思います。

何と言ってもなでしこジャパンの絶対的エースだった澤穂希さんが引退したことで、新生なでしこジャパンの進化が問われる大会になるのは間違いなさそうですね。

確実に若返りを図っている新生なでしこジャパンですが、ワールドカップとなると経験値も大事な要素になってきます。

ワールドカップ2019で新生なでしこジャパンの最大の見どころは、若手と経験豊富なベテランが上手く噛み合うかだと思っています。

なでしこジャパンとしてワールドカップ2019で優勝するためにはベテラン選手をどれだけ招集するか、将来を見据えて若手中心で戦うのかも重要ですね。

女子サッカーは男子サッカーよりも年齢のハンデはないと思うので、あとは監督がどうメンバーを決めるのかに懸かっているかもしれません。

ワールドカップ予選では決定力が物足りなかった感じなので、なでしこジャパンの得点を決める決定力にも注目してほしいですね。

女子サッカーワールドカップ2019のなでしこジャパンメンバー

女子サッカーワールドカップ2019は今年の6月に開催されるので、まだ各国ともワールドカップメンバーは正式には決まってない感じです。

なでしこジャパンもワールドカップ予選に出場したメンバーが中心になると思いますが、まだ半年近く時間があるので新メンバーが選ばれる可能性も大いにあると思います。

2019年2月27日(水)から3月5日(火)にかけてアメリカで開催される2019 SheBelieves cup」になでしこジャパンが出場し、アメリカ・ブラジル・イングランドと戦いますね。

この大会に出場したメンバーがワールドカップ2019の中心選手となるのは確実だと思うので、現状は予想メンバーという形になります。

まずゴールキーパーは池田咲紀子選手と山下杏也加選手が選ばれ、ディフェンダーは海外で活躍している熊谷沙希選手が中心になりそうですね。

ミッドフィルダーでは坂口夢穂選手と中島依美選手はなでしこジャパンの要なので、間違いなく選出されると思います。

フォワードは岩渕真奈選手と経験豊富な川澄真奈美選手が選ばれると予想し、若手とベテランがどう融合できるかがポイントだと感じますね。

女子サッカーワールドカップ2019の決勝トーナメント進出国予想!

女子サッカーワールドカップ2019で決勝トーナメントに進出する国はどこなのか、予選グループごとに予想していきます。

各組とも4チーム中2チームが決勝トーナメントに進めるので、ちょっとした事で番狂わせがあるのも予選の醍醐味ですね。

グループAではフランスとノルウェーが強豪国ですが、ここに割って入りそうなが韓国かなという感じです。

グループBFIFAランキング2位のドイツが頭一つ抜けていて、もう一枠をスペインと中国が争う展開だと思います。

グループCはブラジルとオーストラリアが有力とも思いますが、イタリアがダークホース的な存在になりそうな気もしますね。

グループDはイングランドと日本が予選で激突しますが、日本が予選突破するためにはスコットランド戦が最大の山場だと思います。

グループEはカナダとオランダが抜けている感じで、よほどの事がない限りこの2チームが順当に勝ち上がると予想します。

グループFFIFAランキング1位で最多優勝国のアメリカと9位のスウェーデンが有力で、初出場のチリがどこまで食い下がれるかがポイントだと思いますね。

女子サッカーワールドカップ2019歴代優勝国

女子サッカーワールドカップは1991年から開催されていますが、ここで歴代優勝国を紹介したいと思います。

歴代最多の優勝国はアメリカの3で次いでドイツの2回ですが、アジアでは日本が2011年に女子サッカーワールドカップで初優勝していますね。

歴代の優勝国はアメリカ・ドイツ・ノルウェー・日本4カ国だけなので、ワールドカップで優勝という結果を残すことは本当に難しいんだなと再認識させられます。

2015年の前回大会では日本は惜しくも準優勝という結果でしたが、女子サッカー界において日本は間違いなく強豪国の仲間入りを果たした感じですね。

絶対的王者とも言えるアメリカが今回も優勝候補筆頭と言え、次いでドイツと日本がアメリカを追いかける展開ではないかと予想しています。

アメリカが優勝候補と言うよりかは間違いなく優勝すると思わせるほどのチーム力で、アメリカが負ける姿は想像できないという印象が強いです。

アメリカがワールドカップで優勝できないとしたら、ワールドカップ2019開催国のフランスが地の利を生かして勢いに乗って初優勝するという予想も多いですね、

女子サッカーワールドカップ2019FIFAランキング!日本は何位?

女子サッカーワールドカップ2019を見る時に参考になるのがFIFAランキングで、201812月の最新ランキングでは日本は8になっています。

アメリカはFIFAランキング1位で定位置にとなっていますし、ワールドカップ2019で日本と対戦するイングランドは4位にランクインしていますね。

FIFAランキング上位国だからといって一概に強いわけではなく、あくまで参考程度の順位かなというくらいの認識で大丈夫です(笑)

なでしこジャパンは2014年にFIFAランキング3位が最高順位で、近年は少しづつ順位を落としている感じですね。

このFIFAランキングは基本的に年4回ランキングが更新されるので、直近の成績次第で順位は変動していきます。

アメリカは1位から落ちてしまう可能性は極めて低く、ワールドカップ2019で優勝したら2位との差がますます広がりそうですね。

女子サッカーワールドカップ2019予選結果と出場国一覧!歴代優勝国まとめ

女子サッカーワールドカップ2019について紹介してきましたが、まだまだ男子サッカーに比べたら注目度は低いかなと個人的に感じます。

なでしこジャパンが優勝できるかに注目が集まると思いますが、ワールドカップの時だけの人気で終わらせないようにしたいところです。

新生なでしこジャパンがワールドカップでどんな戦いを繰り広げるか、まずは試合を見て女子サッカーの楽しさを感じて欲しいですね。

スポンサーリンク