智弁和歌山高校野球部2019メンバーの出身は?注目選手を紹介

高校野球名門校の智弁和歌山が春のセンバツ出場が決まり、2019メンバーの奮闘が期待されます。

高校野球5本の指に入るほどの名門校で、過去の甲子園でも輝かしい成績を収めています。

そこで智弁和歌山の2019メンバーの注目選手について、特徴などを紹介していきます。

智弁和歌山高校野球部2019メンバー一覧!出身中学も

春のセンバツ甲子園大会に出場する智弁和歌山高校の、2019メンバーを簡単に紹介したいと思います。

背番号 ポジション 名前 出身中学校
投手 池田 陽佑 京都 宇治中
2 捕手 東妻 純平 和歌山 紀伊中
3 内野手 佐藤  樹 和歌山 貴志川中
4 内野手 黒川 史陽 奈良 河合第一中
5 内野手 綾原 創太 和歌山 貴志中
6 内野手 西川 晋太郎 和歌山 保田中
7 外野手 根来  塁 和歌山 貴志川中
8 外野手 細川 凌平 京都 嵯峨中
9 外野手 久保 亮弥 三重 紀宝矢渕中
10 控え 入江 諒 和歌山 高積中
11 控え 池田 秦騎 大坂 登美丘中
12 控え 湯浅 公貴 和歌山 みなべ南部中
13 控え 川上 珠嵐 和歌山 東和中
14 控え 平田 晃将 大坂 福泉南中
15 控え 硲 祐二郎 和歌山 和歌山東中
16 控え 小林 白彪 和歌山 由良中
17 控え 山本 雄太 和歌山 西脇中
18 控え 小林 樹斗 和歌山 美浜松洋中

 

18人中12人が和歌山県の中学出身で学年ごとに入部できる人数が決まっているので、毎年同じくらいの部員数になります。

智弁和歌山高校野球部の過去の戦績

智弁和歌山高校は春夏通じて甲子園に多く出場している高校野球の名門で、甲子園での通算成績も6132敗と大きく勝ち越しています。

春夏通じて優勝3回準優勝4という戦績は圧巻で、高校野球では欠かすことのできないチームのひとつですね。

ユニフォームの智辯和歌山という赤い文字とヘルメットのCマークは、誰しも一度は目にしたことがあると思います。

智弁和歌山の特徴として圧倒的な攻撃力が大きな魅力で、2000年に夏の甲子園で優勝したときの打撃力は高校野球とは思えないほどの破壊力でしたね。

2000年の時は失点も多いなという感じながら、失点の多さを感じさせないほどの打撃で圧倒していたのは鮮明に記憶に残っています。

私の智弁和歌山のイメージは大差で負けている試合でも、最後には逆転してくれるかなと期待できるチームという印象ですね。

2019メンバーも有望選手が多くいて期待できそうなので、春のセンバツで智弁和歌山が暴れてくれるか楽しみです。

智弁和歌山高校野球部2019の注目選手ナンバー1の細川凌平選手

智弁和歌山2019メンバーで外野手の細川凌平選手は、2017年の世界少年野球大会で日本代表として大活躍した逸材です。

世界大会でも物怖じすることなく圧巻の活躍ぶりで、早くも2020年プロ野球ドラフトの目玉候補とも言われています。

攻守でスピードを生かしたプレーと持って生まれた野球センスは超一級品で、智弁和歌山2019メンバーの起爆剤になるのは間違いなさそうですね。

50m走58俊足と鋭いバッティングも守備もこなせるマルチプレイヤーで、智弁和歌山が甲子園で優勝できるかも細川凌平選手に懸かっているかもしれません。

すでに守備力ではプロレベルという声もあるほどで、今後の成長次第ではプロでも即戦力として通用する能力はあると思います。

細川凌平選手がプロ野球のチームに入るとしたら、日本ハムや広島カープの野球と合っているようにも感じますね(*^^*)

スポンサーリンク

智弁和歌山高校野球部2019の注目選手は東妻純平、黒川史陽、池田泰騎選手も

智弁和歌山には細川凌平選手の他にも注目選手は複数いて、プロ野球のスカウト陣も熱視線を送っています。

まず捕手の東妻純平選手は中学までショートのポジションでしたが、高校から捕手を始めて早くもプロから注目されています。

智弁和歌山に入学してから遠投125mを投げる強肩を買われ、キャッチャーに転向させた監督の手腕もお見事ですよね。

黒川史陽選手も中学生時代から関西No1打者と言われていて、甲子園でもホームランを量産してくれそうで楽しみな選手の一人です。

豪快な打撃と選球眼の高さの両方を兼ね備えているので、対戦する投手からしたら驚異的な打者なのは間違いなさそうですね。

池田秦騎選手は左投手として智辯和歌山を支えている選手で、今後の伸びしろを考えるとさらに進化しそうな逸材だと思います。

課題のひとつであるコントロールも良くなってきているので、大型サウスポー投手になれる素質はある将来が楽しみな有望選手ですね。

智弁和歌山高校野球部2019の監督は?

智弁和歌山で2019年の指揮を取っているのは中谷仁監督で、元プロ野球の阪神や巨人などでプレーしていた捕手の方です。

中谷仁監督も智辯和歌山高校の卒業生でもありプロ野球経験者なので、プロでの経験を高校野球に生かすことができる貴重な存在ですね。

何と中谷仁監督は智弁和歌山高校時代から将来の監督と言われていたそうで、智弁和歌山としても早くから期待していた方というのが印象的でした。

正直言えばプロとしては大成しなかった感じですが、プロの世界で苦労してきた経験は高校野球での指導にも生かされるはずです。

プロ野球の阪神時代に目を負傷して視力が落ちてしまった不運もありながら、15年近くもプロ野球選手として戦っていた姿に心打たれましたね。

野球選手として栄光も挫折も経験してきた中谷仁監督なので、今までとは一味違った智辯和歌山の野球スタイルになりそうで楽しみです。

智弁和歌山高校野球部の過去のOB・プロ野球選手

今までにも智弁和歌山高校からプロ野球選手になった人は多くいて、今でもプロの第一線で活躍しているスター選手もいます。

特にプロ野球で活躍している現役選手では日本ハムの西川遥輝選手や、中日ドラゴンズの岡田俊哉選手はプロでも大活躍していますね。

現役と引退した選手も含めると智弁和歌山から9人がプロ野球選手になっていますが、華々しい活躍ができているのは上記の2選手だけといった感じです。

智弁和歌山は高校野球で名門校として甲子園出場が当たり前と思えるほどですが、智弁和歌山では1学年10人しか野球部に入ることができません。

野球部は常時30人ほどということになりますし、和歌山県外から有力選手があまり入学していないのも実情だと思います。

ですので智弁和歌山から9人もプロ野球選手が輩出されているだけでも驚きで、地元中心の選手ながら高校野球の強豪校なのは、監督の指導力も大きいと思いましたね。

智弁和歌山高校野球部の春の選抜1回戦の相手は

春のセンバツ甲子園大会への出場が決まっている智弁和歌山ですが、気になる1回戦の対戦相手はまだ決まっていません。

各校の対戦相手が決まる組み合わせ抽選会は315に行われるので、智弁和歌山がどこと対戦するのかにも注目が集まっていますね。

もし私が高校野球の監督だとしたら智弁和歌山とは対戦したくないと思いますし、組み合わせ抽選会で智弁和歌山と対戦すると決まったら倒れてしまうかもしれません(笑)

おそらくどの高校も1回戦から智弁和歌山と対戦することは避けたいと思うので、いろいろな意味でも組み合わせ抽選会は白熱すると思います。

智弁和歌山の2019メンバーを見ていても甲子園で順当に勝てる実力はありそうですが、高校野球は特に絶対はないと思うので智弁和歌山が1回戦敗退する可能性も大いにあるかもしれませんね。

智弁和歌山高校野球部2019メンバーの出身は?注目選手を紹介まとめ

智弁和歌山高校野球部2019メンバーについて調べてみて、想像していたよりも部員数が少なかったのは驚きでしたね。

部員数が比較的少ないからこそ個々の選手に決め細かく指導できるメリットもあり、一概に部員数が何百人もいるから強いとは言えなさそうです。

2019春のセンバツ甲子園大会で智弁和歌山がどんな戦いを繰り広げるか、注目選手と共に試合を見てほしいですね。

スポンサーリンク