札幌大谷高校野球部メンバー2019の注目選手は?選手一覧と出身

 

札幌大谷高校2019春のセンバツ甲子園に初出場が決まり、野球部メンバーに注目選手が多くいます。

 

北海道の強豪校として急成長していて、2018年は輝かしい成績を収めています。

 

2019札幌大谷高校野球部メンバーの詳細について、簡単に紹介していきたいと思います。

札幌大谷高校野球部メンバー2019メンバー一覧!出身中学も

背番号  ポジション    名前     出身中学校

1    投手     西原 健太   札幌大谷中

 2    捕手     飯田 柊哉   札幌大谷中

 3    内野手    清水 悠我   札幌大谷中

 4    内野手         大司   札幌大谷中

 5    内野手    佐藤 楓馬   函館尾札部中

 6    内野手    北本 壮一郎  札幌大谷中

 7    外野手    中川 征典   札幌平岡緑中

 8    外野手    石鳥  亮    札幌大谷

 9    外野手     佐野 翔騎郎  札幌日章中

10    控え      田口 恭大   札幌大谷中

11     控え     増田 大貴   札幌常盤中

12     控え     大野 柚太   札幌大谷中

13     控え     津崎 愛斗   小樽長橋中

14     控え     小関 慎之助  札幌北栄中

15     控え     吉田 優太     札幌発寒中

16     控え     青山 弥稜      札幌大谷中

17     控え     太田 流星   札幌大谷中

18     控え     阿部 剣友   北斗大野中

 

上記の2019野球部メンバー全員が北海道出身ということで、より地元に特化した高校で強豪校としては珍しい感じだと思います。

 

2019春のセンバツ甲子園でも優勝候補と言われていて、久しぶりに北海道の高校が優勝できるか注目が集まっています。

スポンサーリンク

札幌大谷高校野球部の過去の戦績

札幌大谷高校の過去の戦績で特に注目したいのが、2018年に行われた明治神宮野球大会で優勝したことに驚いた方も多いと思います。

北海道の高校としては2017年の駒大苫小牧以来の優勝で、甲子園に出場したことのない札幌大谷が優勝したことは大偉業ですね。

あまり甲子園より注目度が低いかなと思う明治神宮野球大会ですが、実は甲子園よりも出場するのが難しい大会でもあります。

明治神宮大会は全国で10チームしか出場することができず、北海道から九州まで10の各地方の代表1校のみしか出場できません。

おおよそ春の甲子園では32チーム前後が出場できるので、明治神宮大会は甲子園よりもハイレベルな大会とも言えます。

そんな大会で初出場初優勝という快挙を達成していますし、2018年の秋季北海道大会でも初優勝しています。

明治神宮大会で優勝した高校の都道府県には甲子園への出場枠が1つ増えますが、札幌大谷高校は秋季北海道大会でも優勝しているので、2019春のセンバツには準優勝だった札幌第一が出場決定しています。

スポンサーリンク

札幌大谷高校野球部メンバー2019の注目選手は西原健太投手

2019札幌大谷高校野球部メンバーは注目選手が多い中でも、西原健太投手は特に注目されている選手ですね。

184センチ91キロという恵まれた体格の投手で、最速142キロの速球と変化球を織り交ぜて投げる本格派投手です。

明治神宮大会決勝では強豪校の星稜高校と対峙した時には、わずか1安打しか許さない完璧なピッチングを披露していますね。

また打者としても4番を任されていて投打とも1級品で、札幌大谷のエースで4番を打つチームの要で中心選手です。

明治神宮大会で優勝投手となったことでプロのスカウトも注目しているので、春のセンバツで好投すればさらに注目度が上がるのは間違いなさそうです。

春のセンバツで札幌大谷が優勝できるかどうかは、西原健太投手の活躍次第と言えるほど素質は抜群な選手ですね。

札幌大谷高校野球部メンバー注目選手に太田流星、飯田柊哉、石鳥亮など

札幌大谷高校にはまだまだ注目されている野球部メンバーがいますので、各選手の特徴をわかりやすく紹介していきたいと思います。

 

まず西原健太投手と2枚看板とも言える太田流星投手は、明治神宮大会準決勝で8回まで相手打者をノーヒットに抑えています。

投球フォームはサブマリン投法という横から投げるスタイルで、打者は特にタイミングが合わせづらい投げ方も大きな特徴ですね。

 

次にチームの主将を務める飯田柊哉捕手はチームの精神的支柱として、投手を上手にリードしている影の立役者といった感じです。

札幌大谷は投手力が高いのは間違いありませんが、飯田柊哉捕手が投手陣をリードしている部分も大きいと思いますね。

 

そして石鳥亮選手は182センチという体格から繰り出されるフルスイングが特徴で、その長打力は札幌大谷の大きな武器と言えます。

2019春のセンバツでも長打力を生かして大暴れしてくれそうなので、石鳥亮選手が打席に立ったらホームランが打てるか注目してほしいですね。

 

札幌大谷高校野球部2019の監督は?船尾隆広監督はタカトシのいとこ

札幌大谷高校の快進撃はもちろん選手の活躍があるからこそですが、急成長している札幌大谷高校野球部の監督も気になるところですね。

札幌大谷高校野球部の監督を務めているのは船尾隆広さんで、北海道出身お笑い芸人のタカアンドトシのトシさんといとこでもあります。

船尾隆広監督は社会人野球で活躍し日本代表として世界一も経験していて、2014年から札幌大谷高校の野球部監督に就任しています。

野球に対する指導はもちろんのこと道具の大切さも選手に教えていて、スパイクを使ったら毎日ひもを抜いて磨かせているそうです。

野球の技術だけではなく精神面でも選手を指導しているところも、船尾隆広監督の人間像が垣間見れますよね。

技術も心も一流の野球選手に育て上げるとの指導法で、自身が経験してきた野球の全てを惜しみなく選手に伝えています。

そんな船尾隆広監督は野球部メンバーからの人望もとても厚く、選手との信頼関係がしっかり構築されているからこそ、札幌大谷高校は快進撃を続けていると感じましたね。

札幌大谷高校野球部のOBは?野球部以外の卒業生に里田まい

札幌大谷高校OBの中には北海道出身のタレントであり、大リーグで活躍する田中将大投手の奥さんでもある里田まいさんがいます。

札幌出身の里田まいさんの実家は「里田商店」というお店をしていましたが、現在は商店は無くなっています。

里田まいさんは札幌大谷高校へはテニスの推薦で入学していて、テニスの特待生として推薦入学できるほどの実力の持ち主ですね。

3年生の時には全道大会で準優勝という成績を残しており、全国大会にも出場経験していて運動神経は抜群といった感じです。

札幌大谷高校に進学した時から芸能界入りを目指していて、1年生の頃にはモーニング娘のオーディションを受けましたが不合格になっています。

札幌大谷高校を卒業間近の時にアイドルグループのカントリー娘の一員として、アイドルとして芸能界入りをしていますね。

当時から札幌大谷高校は北海道の中でもスポーツの強豪校として有名で、里田まいさんもソフトテニスでは相当有名だったようです。

札幌大谷高校の学校紹介!元女子高で偏差値は?

札幌大谷高校は1906年に創設された私立の伝統校で、2009年に男女共学になるまでは女子校でした。

偏差値は50-60で北海道内の私立高では130校中13位で、札幌大谷高校に通っている学生の多くは大学進学しているようですね。

また札幌大谷高校は中高一貫校ではありますが、高校から入学することも可能で入試倍率は平均1.2倍前後といった感じです。

2009年に男女共学になって野球部としてもまだ創部10年程で、北海道の高校野球の強豪校に急成長しているのは本当にすごいことだと思います。

札幌大谷高校は野球部の他にもスポーツの強い部活が多いのも、中高一貫校でじっくり学生を育てているのも大きな要素だと感じました。

札幌大谷高校野球部メンバー2019の注目選手は?選手一覧と出身まとめ

札幌大谷高校野球部メンバー2019の注目選手を紹介していると、春のセンバツでも初出場初優勝できるのではと期待が膨らみました。

札幌大谷高校野球部は全体的に統率が取れている印象で、どっしりとした戦いぶりを見ていると王者の風格さえ感じますね。

春のセンバツ甲子園で札幌大谷高校野球部がどんな戦いを繰り広げるか、久しぶりのに北海道勢が優勝できるかにも注目です。

スポンサーリンク