石岡一高野球部メンバー2019の出身は?岩本大地や川井監督を調査

春のセンバツ甲子園に21世紀枠で出場が決まった石岡一高野球部は、甲子園初出場で町は歓喜に沸いています。

野球部メンバーは岩本大地投手を中心にして、県大会では準決勝まで進出しました。

そこで石岡一高野球部メンバーの詳細についてや、岩本大地投手を紹介していきます。

スポンサーリンク

石岡一高野球部メンバー一覧!出身中学も

背番号  ポジション    名前     出身中学校
1    投手     岩本 大地   八郷中
 2    捕手     中山 楓太   府中中
 3    内野手    佐々 旺健   府中中
 4    内野手 堀川 舜太   八郷中
 5    内野手    友部 陸    八郷中
 6    内野手    滑川 考之介  美野里中
 7    外野手    武田 翼    美野里中
 8    外野手    古屋 健太郎  勝田第一中
 9    外野手    酒井 淳志   霞ヶ浦中
10    控え    小松崎 駿   岩間中
11    控え     松野 稜    小川南中
12    控え     田口 和麿   府中中
13    控え     千場 聖斗   下根中
14    控え     塚本 圭一郎  土浦第一中
15    控え     飯岡 大政  桜中
16    控え     坂本 塁  明光中
17    控え     藤井 蛍    八郷中
18    控え     矢口 剛盛   土浦五中
19    控え     黒沢 清純   石岡中
20    控え     飯塚 大翔   玉里中

プロ注目の岩本大地さんに大きな注目が集まっていますが、他の野球部メンバーも総合的に実力が高い選手が多い印象です。
21世紀枠での甲子園初出場となった石岡一高校野球部ですが、県大会では甲子園出場校にも勝っており実力は確かなものがありますね。

石岡一高野球部が21世紀枠選出の理由は?

石岡一高野球部が21世紀枠に選出され甲子園初出場となり、茨城県から初めて21世紀枠での甲子園出場となりましたね。

2019春のセンバツ甲子園大会には21世紀枠から3校が選出され、その中のひとつに石岡一高野球部が見事に選ばれました。

21世紀枠の選考基準は野球の戦績だけでなく様々な基準がありますが、石岡一高野球部が選出された理由として考えられるのは、2018夏の甲子園で準優勝した金足農野球部メンバーの活躍があります。

金足農と石岡一は農業系の高校という共通点がありますが、2018年に農業高校として大活躍した金足農の活躍が加味されたと言えそうですね。

これまでも文武両道という観点も重要視されてきた側面もありましたが、石岡一高は農業を通じて地域と密着している部分も評価されたと考えられます。

私は21世紀枠は良い面と悪い面があると思うので、より明確な選考基準を設けた方がスッキリするとも思っています。

2019春のセンバツ甲子園大会で石岡一高がどこまで戦えるのか、金足農に続けるかにも注目したいところですね。

スポンサーリンク

石岡一高野球部過去の戦績

石岡一高野球部は創立100年以上の歴史を誇り、初の甲子園出場ということもあり過去の戦績も注目されていますね。

2018年の茨城県大会では惜しくもベスト4敗退となりましたが、投打のバランスが良く手堅く接戦をものにする戦い方が特徴です。

2016年の秋季大会では2回戦敗退となっていますが、2017年の春季大会では準決勝まで勝ち進んでおり着実に戦績は良くなっていますね。

私も高校時代は野球部だったので少しは語れますが、県大会で1回戦突破するだけでも本当に難しい事なんです(笑)

去年は春季大会こそ3回戦敗退という結果でしたが、秋季大会ではあと一歩で決勝進出というところまで来ていますね。

2017年からの戦績を見てみると接戦が多い印象で、手堅く戦っていくスタイルは石岡一高野球部の特徴だと感じました。

2019春のセンバツ甲子園に初出場が決定したので、甲子園での経験を生かして今後も飛躍して欲しいですね。

石岡一高野球部メンバー2019注目選手はエース岩本大地選手

石岡一高野球部メンバーの中でもプロ注目の選手が岩本大地投手で、今回の甲子園初出場の大きな原動力になったのは間違いありません。

高校進学時には県外の野球強豪校からの誘いを断り、地元である茨城県石岡一高に進学しているのは芯の強さを感じますね。

ストレートの球速は最速147キロでプロ並みの球速ですし、伸びのあるストレートは高校離れしているとの声もあるほどです。

あえて課題を上げるとしたら制球力に難があるので、コントロールが良くなれば甲子園でも活躍できる逸材なのは確かですね。

プロ野球の日本ハムに入団した金足農の吉田輝星投手に憧れているので、岩本大地投手は投球フォームも参考にしながらフォーム改善にも取り組んでいます。

174センチと投手としてはやや小柄な体格ながら、パワフルなピッチングを見ていると岩本大地投手は相当な負けず嫌いな感じが滲み出ている感じですね。

石岡一高野球部メンバー2019の他にも注目選手が!

石岡一高野球部メンバーの中では岩本大地投手が注目されていますが、他にも注目されている選手はいましたね。

石岡一高で岩本大地投手と共に投手陣の中心的存在なのが岩本匠平投手で、同じ岩本という名字はたまたまで兄弟ではありませんでした(笑)

岩本匠平投手は力強いピッチングというよりは総合的にバランスの取れた投手で、投球内容が安定しているのも大きな特徴ですね。

また石岡一高野球部メンバーの主将を務めている酒井淳志外野手も、岩本大地投手と共に中学時代には全国大会ベスト4の実績がある注目選手です。

石岡一高野球部に岩本大地投手が入部しているのも、中学時代から同じ仲間として戦ってきた酒井淳志がいたからかもしれませんよね。

岩本大地投手はプロからも注目され強豪校からもスカウトされていたのに、地元の石岡一高野球部を選んでいるのは男気があってカッコいいです。

石岡一高野球部の監督は川井監督

石岡一高野球部の監督を務めているのが川井政平さんで、現役時代はショートのポジションで甲子園にも2回出場経験があります。

2009年秋から石岡一高の監督に就任しているので、10年目で初の甲子園出場となったのは本当に嬉しいことだと思います。

川井政平さんは選手達の自主的な姿勢を尊重していて、自発的に自分で考えて行動することを重んじてきた感じの監督ですね。

高校生活の全てを野球に捧げてしまうのではなくて、普通の高校生がしていることをしながら甲子園に出場することを実現したいとも話していました。

どんな強豪校と対戦する時でも常に対等だと選手に意識付けしていて、気持ちで負けないようにとの川井監督の熱い気持ちが垣間見れますね。

野球だけでなく何事も気持ちで負けてしまえば終わりだと思うので、もちろん実力も大事ですがそれ以上に戦う気持ちは大切だと思いました。

石岡一高の偏差値は?造園科など農業系学科があり農学校が母体

石岡一高は普通科・造園科・園芸科からなる農業系の共学校で、偏差値は普通科48・園芸家38・造園家科37です。

もともとは農学校が母体なので造園科や園芸科があるのも大きな特徴で、野球部メンバーも半数程が園芸科・造園科に在籍していますね。

園芸科や造園科の授業は学校から約4キロ離れた農場で、夏休み中も朝から実習があることもあるということで、野球部メンバー全員が揃うことは難しいようですね。

私の地元の近くにも農業高校がありますが実習は大変で、体もヘトヘトになることもしばしばだと聞いたことがあります。

石岡一高野球部メンバーも実習が終わってから野球の練習をしていると思うと、本当の野球が好きだからこそ続けられているんだなと感じました。

野球部としては厳しい環境下に置かれていながらも、甲子園初出場を決めたのは日々の努力の積み重ねの結果ですよね。

石岡一高野球部メンバー2019の出身は?岩本大地や川井監督を調査まとめ

石岡一高野球部メンバーについて紹介してきましたが、第二の金足農になれる要素は秘めていると思いました。

石岡一高が甲子園で勝利できるかどうかは岩本大地投手の出来次第の部分はありますが、逆に言えば岩本大地投手が打たれなければ十分戦えると思います。

春のセンバツ甲子園大会で石岡一校が旋風を巻き起こせるか、甲子園の見どころとして注目してもらいたいですね。

スポンサーリンク