なつぞら(朝ドラ)井浦新の演技力の評判は下手?若い頃がカッコイイ

 

朝ドラ『なつぞら』が待ち遠しいですが、今回取り上げるのは井浦新さんです。

演技力について、下手という評判もあったそうなのですが、若い頃はどうだったのでしょう?

さっそく、朝ドラ『なつぞら』の井浦新さんの演技力は下手なのか、そして彼の若い頃を見ていきましょう。

さらに、この記事では、井浦新さんの演じる仲努の役どころ、井浦新さんのネットでの評判、出演ドラマ、出演映画、デザイナー活動、身長、学歴についてもチェックしていきます。

なつぞら出演の井浦新の演技力の評判は?下手と言われた理由とは

朝ドラ『なつぞら』のメインキャストということもあって、井浦新さんの演技力の評判が気になります。

しかし、ネットで井浦新さんの演技力の評判について見ていくと、下手というものも見られたのでした。

とはいえ、朝ドラ『なつぞら』出演俳優ということになれば、演技力が下手だったら困ったことでしょう。

はたして、井浦新さんに関するこういった評判の真偽は、どうなっていたのでしょうね?

評判の理由は、2018年に放送されたドラマ『アンナチュラル』にあったようなのでした。

石原さとみさん主演の作品でしたが、ここで中堂系という役を演じた井浦新さんの演技力が下手だという評判が、一部ではありますが、見られたのですね。

しかし、これ以外で、とくに井浦新さんの演技力が下手だという評判はありませんでした。

以上の結果を見るに、とくに井浦新さんの演技力が下手ということはないのではないでしょうか?

朝ドラ『なつぞら』での活躍も期待することができるものと思われます。

スポンサーリンク

夏空(朝ドラ)で井浦新が演じる仲 努(なかつとむ)の役どころ

朝ドラ『なつぞら』で井浦新さんが演じる登場人物とは、いったい、どんなものだったのでしょうか。

それは、仲努という男性なのでした。

それでは、井浦新さんが朝ドラ『なつぞら』で演じる仲努とはどんな役どころなのかを見ていきましょう。

朝ドラ『なつぞら』は、広瀬すずさん演じる奥原なつが戦災孤児となりつつがんばっていくというストーリー。

戦死した父親の戦友だった養父とともに北海道へ移住してきた奥原なつは、たくましく成長していきます。

そして、同級生との出会いをきっかけにアニメーションに関心を抱いて、生きていた兄を頼って上京していくという流れになるのです。

さて、井浦新さんが演じる仲努ですが、奥原なつが若い頃めざしていたアニメーション業界の人物だったのでした。

それも、日本では初めてとなる長編アニメーションの作画監督という役どころです。

奥原なつをアニメーション業界へと誘うという展開になるといいますから、かなり重要な役どころであるといえそうですね。

井浦新さんの朝ドラ『なつぞら』での演技が見られるのがとても楽しみです。

スポンサーリンク

夏空(朝ドラ)に決定で井浦新のネットでの評判は?

井浦新さんの俳優としての評判も気になりますよね。

朝ドラ『なつぞら』へ出演するともなれば、なおさらでしょう。

そこで、ネットではどんなふうに見られていたのか、調べてみました。

俳優の場合、阿部寛さんのように、さまざまな役柄を幅ひろく演じるケースもあれば、特定の役柄を演じることが多いというケースもあります。

で、井浦新さんの場合は、若い頃から、ずばり、ひと癖ある人物の役を演じることが多いようですね。

そのため、井浦新さんのこういった役柄については、ネット上でも評判になっていました。

とくに、微妙な表情が味があるといわれていたのです。

激しい動きなどではなく、こういう部分で個性を出すのは難しいことでしょう。

それだけに、井浦新さんが俳優としてどれだけ演技力があるのか如実に想像できますよね。

下手なんてことは、まずないとみていいでしょう。

 

井浦新の過去の出演作ドラマ一覧と役どころは?

さて、井浦新さんの若い頃からの出演ドラマとその役どころを見てみましょう。

井浦新さんのドラマデビュー作は、2008年の『デリパンダ〜おしゃべりデリ坊、東京ド真ん中配達中〜』。

まだ役名はありませんでした。

出世作となったのは、2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』。

ここでは、崇徳上皇役を演じて評判になりました。

その後は、2012年には、朝比奈恒介役を演じた『リッチマン、プアウーマン』、2013年には、須崎役を演じた『ビブリア古書堂の事件手帖』と、話題作への出演作が増えていくことに。

そんな井浦新さんは、2016年には、『HiGH&LOWTHE STORY OF S.W.O.R.D.〜シーズン2』に龍也役で出演し、さらに俳優としての評価と多様性を高めていくこととなりました。

 

井浦新の映画出演作と役どころは?

次に、井浦新さんの若い頃からの出演映画とその役どころについても確認していきます。

俳優がデビューする場合、映画よりドラマが早いことが多いですが、井浦新さんの場合は、映画が先でした。

デビュー作は、1999年の『ワンダフルライフ』で、いきなり主人公である望月隆役を演じていたのです。

『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督作品ですから、やはり井浦新さんの演技力はそうとうなものといえそうですね。

以後、是枝裕和監督作品では、2009年の『空気人形』に純一役で、さらに、2013年の『そして父になる』にも出演しています。

2008年からは、『20世紀少年』シリーズに、田村マサオ役で相次いで出演。

以後、2013年には、『横道世之介』に室田恵介役で、2015年には、『悼む人』に甲水朔也役で、2016年には、『HiGH&LOW THE MOVIE』に龍也役で出演しています。

こうして見ても、井浦新さんは、若い頃から演技経験が豊富だったようですね。

 

井浦新のブランドとは?デザイナーとしても活躍!

ここまでは、俳優としての井浦新さんの活躍を見てきました。

しかし、実際には、井浦新さんは、デザイナーとしても活躍していたのでした。

これはおどろきですが、どのようなブランドだったのでしょうか?

それは、ELNEST CREATIVE ACTIVITYというものでした。

ELNEST CREATIVE ACTIVITYは、全国各地に店舗を展開しています。

モダニズムなどを基調としつつ、旅を意識したファッションを手掛けており、ポケットが多いのがその特徴の1つとなっておりました。

井浦新さんにこういう一面もあったとは新鮮ですが、ファンの方はぜひ、ELNEST CREATIVE ACTIVITYを積極的に利用されてみてはいかがでしょうか。

 

井浦新のプロフィール!身長や大学、高校はどこ?

最後に、井浦新さんのプロフィールも見ていきたいと思います。

井浦新さんは、1974915日、東京都出身の44歳。

身長は183センチという、かなりの高身長になっています。

出身校は、高校が東京都立松が谷高校、大学が東京経済大学で、大学は中退しています。

芸能界にはモデルとして入り、『MEN’S NON-NO』、『anan』などの雑誌で活躍。

東京コレクションにも出演するなど、若い頃からかっこいいことで評判に。

その後、1999年の映画『ワンダフルライフ』で俳優デビュー。

2018年には、映画は『止められるか、俺たちを』など4本、ドラマは『アンナチュラル』など2本に出演し、大活躍しています。

 

なつぞら(朝ドラ)井浦新の演技力の評判は下手?若い頃がカッコイイまとめ

井浦新さんは、俳優としてもすごい活躍ぶりですが、それ以外の面でもマルチに活動していたのですね。

朝ドラ『なつぞら』の仲努も立派に演じ切ってくれることでしょう。

作中では、日本初の長編アニメーションの作画監督をどのように見せてくれるのでしょうか?

もう、すでに今から、楽しみで仕方がありませんね。

スポンサーリンク