夏空(朝ドラ)中川大志の演技は上手い?出演ドラマ2019を調査

朝ドラ『なつぞら』に、若手イケメン俳優として人気の中川大志さんが登場するそうです。

これは期待ですが、中川大志さんは、演技が上手いのか、2019年のドラマはどうなのか、気になりますね。

そこで、中川大志さんの演技は上手いのか、2019年のドラマはどうなのか、調べました。

ここでは、中川大志さんの朝ドラ『なつぞら』での役どころ、ネットでの評判、出演ドラマ、出演映画、身長、大学、高校についても見てまいりたいと思います。

なつぞら出演の中川大志の演技力の評判は?上手いと言われた理由とは

朝ドラ『なつぞら』に出演するということで話題になっている、中川大志さん。

ルックスに関しては文句なしのイケメン俳優といえるでしょうが、演技のほうはどうなのでしょうか。

上手いのか下手なのか、とても気になってきますよね?

朝ドラ『なつぞら』のキャストに選ばれる以上、上手いといいのですが…?

調べてみると、中川大志さんの演技は上手いと評判になっていました。

中川大志さんの演技が上手いという理由ですが、その出演実績にありました。

中川大志さんの俳優としての実績は本当にすごく、2018年だけでも、ドラマは5本、映画は3本も出演していたのです。

しかも、そのうち、ドラマは1本で、映画は2本で主演していました。

たしかに、もしも、中川大志さんの演技が上手いものでなかったとしたら、こんな扱われ方をされることは、まずありえないでしょう。

演技力が確かだと期待される中川大志さんの、朝ドラ『なつぞら』での活躍にも、注目となっていきそうですね。

 

夏空(朝ドラ)で中川大志が演じる坂場一久(さかば・かずひさ)の役どころ

朝ドラ『なつぞら』で中川大志さんが持ち前の演技力を発揮してくれるのが楽しみですが、その役どころはどうなっているのでしょう?

まず、朝ドラ『なつぞら』は、広瀬すずさん演じる奥原なつという戦災孤児を描く話になっています。

奥原なつが戦死した父親の戦友を養父として北海道で生きて行く、十勝編。

そして、生きていた兄を頼って上京し、アニメーション業界をめざす東京編からなっています。

一方、そんな朝ドラ『なつぞら』で中川大志さんが演じるのは、坂場一久という人物でした。

坂場一久とは、監督見習いをしている男性です。

どのような役どころなのか、まだくわしいことは明らかになっていません。

しかし、ざっと見たところでは、ヒロインを困らせるとか、画力はないものの企画力はあるといった情報がありました。

坂場一久は、奥原なつとの関係がどうなっていくのか、アニメーション業界でどのように活躍していくのか、とても気になりますね。

それとあわせて、中川大志さんの演技に対する視聴者の期待も、ますます高まっていくことでしょう。

スポンサーリンク

夏空(朝ドラ)に決定で中川大志のネットでの評判は?

中川大志さんが朝ドラ『なつぞら』に坂場一久役で登場するのを、一日も早く見たいものですね。

さて、そんな中川大志さんは、ネットでの評判はどうなっているのか気になります。

俳優としての演技が上手いことは言うまでもありませんが、中川大志さんは、人物面においてもしっかり評価されていたみたいですよ。

まず、あれだけのイケメンにもかかわらず、性格的にはなかなかユーモラスなところもあったというのです。

さらに、俳優という仕事に対して非常に熱心に取り組んでいて、共演者からもまじめだといわれていたとか。

ただのイケメン俳優ではなく、演技も上手くて性格もいいとは、実にすばらしいことではないでしょうか。

これでは、今後、中川大志さんのドラマや映画での活躍は、さらに増していくことになりそうです。

 

中川大志の過去の出演作ドラマ一覧と役どころは?

続いては、中川大志さんがこれまでに活躍してきたドラマや映画とそこでの役どころを確認していきましょう。

まずは、これまでに出演してきたドラマとそこでの役どころです。

中川大志さんが俳優デビューしたのは、2009年のドラマ『わたしが子どもだったころ 沢村一樹編』でした。

文字通り、作中では、沢村一樹さんの子供時代を演じています。

その後、2011年には、朝ドラ『おひさま』で須藤春樹役を、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で細川光千代役を演じ、注目されていくことに。

このように、朝ドラは『なつぞら』で2作目だった中川大志さんですが、NHK大河ドラマでは、さらに、『平清盛』に源頼朝役で、『真田丸』に豊臣秀頼役で、それぞれ出演しています。

2018年には、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に馳天馬役で、『覚悟はいいかそこの女子。』に古谷斗和役で、相次いで出演し、注目を集めました。

 

中川大志の映画出演作と役どころは?

中川大志さんがこれまでに出演してきた映画とそこでの役どころも見ていきたいと思います。

映画デビュー作となったのは、2010年の『半次郎』で、宮田岩虎役を演じました。

2016年には、『四月は君の嘘』に渡亮太役で出演し、朝ドラ『なつぞら』ヒロインの広瀬すずさんと共演。

そんな中川大志さんにとって、2018年は飛躍の年となりました。

『坂道のアポロン』に川渕千太郎役、『虹色デイズ』に松永智也役、『覚悟はいいかそこの女子。』に古谷斗和役で、それぞれ出演し、絶賛されたのです。

このうち、『虹色デイズ』、『覚悟はいいかそこの女子。』では主演でした。

2019年の映画出演も楽しみですね。

 

中川大志の出演予定ドラマ・映画【2019年】

そんな中川大志さんですが、ずばり、2019年のドラマや映画への出演はどうなっているのでしょう?

2019年のドラマ出演は、もちろん、朝ドラ『なつぞら』の坂場一久役だけではありませんでした。

2019年1月クールのドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』にも、藤枝修二役で出演していたのです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、竹内結子さん演じる氷見江という女性弁護士の活躍を描く作品。

氷見江は、タイトルの通り、スキャンダル対策を専門とする異色の弁護士です。

一方、中川大志さん演じる藤枝修二は、氷見江の部下の弁護士で、ハーバード大学卒業という高学歴ながら、ユニークなキャラクターの男性なのでした。

なお、中川大志さんの2019年の映画出演は、まだ予定がないようですね。

中川大志さんのさらなる2019年のドラマ、映画への出演情報にも注目していきましょう。

 

中川大志のプロフィール!身長や大学、高校はどこ?

中川大志さんのプロフィールを見ていきましょう。

中川大志さんは、1998614日、東京都出身の20歳です。

身長はかなりの高身長で、179センチ。

学歴は、堀越高校卒業で、大学には進学していません。

2009年、ドラマ『わたしが子どもだったころ 沢村一樹編』で俳優デビュー。

以後、ドラマでは、朝ドラ『おひさま』、NHK大河ドラマ『真田丸』、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』など。

映画では、『四月は君の嘘』、『虹色デイズ』、『覚悟はいいかそこの女子。』などに出演しました。

そんな中川大志さんは、俳優以外にも、『nicola』でモデルとしてもマルチに活躍を見せています。

 

夏空(朝ドラ)中川大志の演技は上手い?出演ドラマ2019を調査まとめ

中川大志さんは、俳優としてかなり評価されているだけに、朝ドラ『なつぞら』のスタートがますます待ち遠しくなりそうです。

坂場一久と奥原なつがどういう展開になっていくのかが見逃せませんね。

中川大志さんの朝ドラ『なつぞら』での出演シーンがやって来るのを注視していきましょう。

スポンサーリンク