横浜高校野球部2019メンバーと歴代OBは?及川など注目選手紹介

横浜高校野球部2019メンバーの中でも特に、及川雅貴選手はプロ入り確実と言われる逸材です。

歴代の横浜高校野球部メンバーの多くがプロで活躍し、甲子園の常連校としても有名ですね。

ここでは2019メンバーと及川雅貴選手の詳細についてや、プロで活躍したメンバーを紹介していきます。

川雅貴選手の記事はこちらにもあります。

2019年高校野球ドラフト候補予想!注目選手は誰?

横浜高校野球部2019メンバー一覧!出身中学も

背番号  ポジション    名前     出身中学校

1    投手     及川 雅貴   千葉 匝瑳八日市場第二中

2    捕手     山口 海翔   神奈川 川崎向丘中

3    内野手    内海 貴斗   神奈川 横浜末吉中

4    内野手 度会 隆輝   千葉 市川下貝塚中

5    内野手    庄子 雄大   神奈川 横浜希望が丘中

6    内野手    津田 啓史   熊本 熊本長嶺中

7    外野手    冨田 進悟   東京 港三田中

8    外野手    小泉 龍之介  福井 越前武生第二中

9    外野手    大手 晴    静岡 磐田竜洋中

10    投手    木下 幹也   東京 練馬開進第三中

11    投手     松本 隆之介  神奈川 横浜名瀬中

12    捕手     小島 歩空   神奈川 横浜名瀬中

13    外野手     吉原 大稀  北海道 旭川明星中

14    内野手     鬼頭 勇気  神奈川 横浜みたけ台中

15    内野手     明沢 一生  神奈川 横浜東鴨居中

16    内野手     西平 圭汰 神奈川 横浜南中

17    捕手     桑原 隼輔   神奈川 横浜今宿中

18    投手     黒須 大誠   福島 いわき中央台北中

18人中メンバー9人が地元の神奈川出身ということですが、全国各地から有望選手が集まっている印象も強く名門校と言われる由縁ですね。

神奈川県内と全国各地から毎年ハイレベルな選手が集まってくるので、甲子園で優勝を期待される強豪校でもあります。

スポンサーリンク

横浜高校野球部2019の過去の戦績

横浜高校野球部2019メンバーは春のセンバツ甲子園出場を決めていますので、どんな戦いを見せてくれるか期待が高まります。

横浜高校野球部2019は神奈川県の秋季大会を順当に勝ち進んでいき、2回戦の三浦学苑に1403回戦の鶴嶺とも122と圧倒的な打撃力で圧倒しました。

続く4回戦も横浜創学館を70と完璧な試合運びで快勝し、準々決勝でも強豪校の東海大相模に52で勝利していますね。

準決勝の慶應義塾に21と大接戦の末に何とか勝利を収めて、決勝では桐蔭学苑に112と圧倒秋季大会優勝を成し遂げました。

いよいよ秋季関東地区大会に進み準々決勝まで勝ち進みましたが、春日部共栄に29で敗れてベスト8という成績で春のセンバツ甲子園に選出されました。

普通の高校なら関東大会でベスト8も立派な成績ですが、名門校の横浜高校となると物足りない残念な印象が強いですね。

横浜高校野球部メンバー2019は関東大会で優勝できる実力はあると思うので、甲子園でもハマれば優勝できる力は十分にあります。

逆に言えば関東大会に出場する高校のレベルもとても高いので、どの高校が甲子園に出場しても不思議じゃないほどハイレベルな地区とも言えますね。

スポンサーリンク

横浜高校野球部の過去の戦績

横浜高校野球部の歴代の戦績は全国の高校の中でもトップクラスの戦績で、甲子園を語る上では外せない誰もが知る名門校です。

昭和38年の夏の甲子園で準決勝まで進出して横浜旋風を巻き起こし、昭48年の春のセンバツ甲子園大会に初出場初優勝の偉業を成し遂げています。

甲子園大会は初出場で1勝することは本当に難しい事なので、優勝してしまう当時の横浜高校野球部メンバーの精神力には脱帽ですね。

その後も昭和55年の夏の甲子園で優勝していますし、平成になってからも春夏合わせて3回の甲子園優勝を果たしています。

平成10年には春と夏の甲子園連覇を成し遂げていますが、春夏で3年生メンバーは入れ替わっての連覇は本当にすごい快挙ですね。

平成18年の春のセンバツ甲子園大会決勝の戦いは衝撃的な内容で、清峰高校に210という圧倒的大差で勝利した姿が特に印象的でした。

甲子園の決勝戦で210というスコアは横浜高校野球部メンバーの強さを説明する上で、最もわかりやすい戦いだと思います。

平成18年以降は春夏通じて甲子園で優勝していませんが、甲子園出場常連校として熱戦を繰り広げてくれていますね。

横浜高校野球部2019も注目選手は及川雅貴選手

横浜高校野球部2019メンバーの中でも世代No1の逸材と言われているのが、投手としてチームを牽引する及川雅貴選手ですね。

2019年のドラフト最有力候補との声が上がる及川雅貴選手は、最速153キロのストレートと高速スライダーが魅力の投手です。

高校野球で「BIG4」と呼ばれるほど注目されている及川雅貴選手は、15歳以下のW杯では最優秀防御率のタイトルも獲得しました。

投手として貴重な左投げということもありプロのスカウトも熱視線を送っていて、2019年のドラフトでは競合になるのは確実とも言われています。

プロのスカウト陣も完成された超高校級との評価とともに、まだまだ潜在能力を秘めていると大きな可能性を感じていましたね。

すでに左投手としては社会人を入れても及川雅貴選手がNo1との評価もあり、メジャーに行ったマリナーズの菊池雄星投手に似ているとの声もありました。

春のセンバツ甲子園で及川雅貴選手がどんなピッチングをするかによって、横浜高校野球部メンバーの命運が左右されるといっても過言ではありませんね。

横浜高校野球部の歴代OBプロ野球選手・卒業生

横浜高校野球部の歴代メンバーOBの中にはプロ野球選手も数多くいて、プロ野球の世界で大活躍しているスター選手も輩出しています。

まず特筆したいのが中日ドラゴンズで今も現役プロ野球選手である、平成の怪物こと松坂大輔投手で歴代最強投手だと私は思っています。

松坂大輔投手がいた時の横浜高校野球部は歴代最強とも言え、甲子園での投球はプロ以上ではと思わせるほどの怪物でした。

圧巻だったのが夏の甲子園大会決勝でノーヒットノーランを達成したことで、甲子園でノーヒットノーランをするだけでも大快挙なのに、決勝戦で達成したのは今も伝説として語り継がれています。

私は松坂大輔投手と同じ年齢でしたが当時のピッチングを見た時は、同じ高校生とは想像もできないくらい衝撃的な投手でしたね(笑)

野球に興味がない方でも松坂大輔投手なら知ってるほどのスター選手で、平成を代表する歴代投手の中でも圧倒的なピッチングは高校時代から異次元でした。

同じ投手で「松坂二世」と呼ばれていたのが千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手で、今も現役で活躍していて通算130勝している名投手ですね。

千葉ロッテのエースとして長年活躍し現在はヤクルトスワローズ所属の成瀬善久投手も、涌井投手と同じくプロ野球を代表する投手と言えます。

野手では横浜DeNAの主砲として活躍している筒香嘉智選手は、今や日本を代表するスラッガーに成長しプロ野球を代表する打者の一人です。

圧倒的なパワーと打撃センスでホームランを量産する姿は、外国人助っ人ではと思うほど規格外の打撃が最大の魅力ですね。

他にも北海道日本ハムファイターズの近藤健介選手は、2018年には史上初の4割打者になるかもしれないと大きな注目を集めた強打者です。

横浜DeNAは特に横浜高校野球部メンバーが多く入団していて、荒波翔石川雄洋蔵元寿彦乙坂智選手なども横浜高校野球部のOBです。

横浜高校野球部2019メンバーと歴代OBは?及川など注目選手紹介まとめ

横浜高校野球部2019メンバーについて簡単に紹介しましたが、春のセンバツ甲子園大会でも優勝候補に名を連ねる名門校だと少しでも伝われば嬉しいです(笑)

松阪大輔投手を筆頭にプロ野球で活躍してきた名選手ばかりで、横浜高校野球部のレベルの高さを改めて再確認できました。

甲子園で横浜高校を見る時には帽子のツバに「Y」の文字が付いているので、「Y」を意識して見ると野球に興味がない人でも区別が付きやすいかもしれませんね(笑)

2019年は及川雅貴投手を中心に快進撃を見せられるか、夏の横浜高校野球部メンバーの戦いにも注目してほしいですね。

スポンサーリンク