BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバー詳細!デビュー決定!

みなさんは、BALLISTIK BOYZ(バリボ)というグループをご存知でしょうか。
このたび、めでたくデビューが決定したとのことですから、メンバーが気になりますよね。
そこでさっそく、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のデビュー決定に関することや、どういったメンバーがいるのかを見ていきましょう。
ここでは、BALLISTIK BOYZ(バリボ)の楽曲、武者修行、グッズなどといったことについても調べてみました。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)のファンの方はもちろん、それ以外の方もぜひ、ご覧ください。

BALLISTIK BOYZ(バリボ)とは?

まず、BALLISTIK BOYZ(バリボ)というのはどのようなグループなのかを見ていきたいと思います。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)とは、EXILEなどで有名な、あのLDH系のアーティストだったのでした。
メンバーは、深堀未来さん、奥田力也さん、砂田将宏さん、日髙竜太さん、加納嘉将さん、海沼流星さん、松井利樹さんの7名。
2018年4月に、GLOBAL JAPAN CHALLENGEに合格した、深堀未来さん、奥田力也さん、砂田将宏さん、そして、VOCAL BATTLE AUDITION 5のファイナリストの、日髙竜太さん、加納嘉将さん、海沼流星さん、松井利樹さんによって、結成されたのです。
2019年に、後述する武者修行を敢行したすえ、5月22日に、アルバム『BALLISTIK BOYZ』をリリースしてメジャーデビューすることに決定したのでした。
この記事を執筆しているのは2019年4月4日ですので、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のデビューまで、あと1ヶ月半くらいということになります。
あっという間にBALLISTIK BOYZ(バリボ)はデビューということになりますから、そんなメンバーたちにぜひとも、期待していきましょう。

スポンサーリンク

BALLISTIK BOYZ(バリボ)メンバーのプロフィール

深堀未来のプロフィール

まずは、BALLISTIK BOYZ(バリボ)としてデビューするメンバーのうち、深堀未来さん、奥田力也さん、砂田将宏さんのプロフィールを見ていきましょう。
深堀未来さんは、1999年7月1日、東京都出身の19歳。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)のリーダーです。
2009年にEXPG東京校に入り、2011年にEXILE GENERATIONSに選抜され、2013年にGLOBAL JAPAN CHALLENGEに合格しました。
ウェーブがかった茶髪が印象的ですね。

奥田力也のプロフィール

奥田力也さんは、1999年10月12日、大阪府出身の19歳。
2007年にEXPG大阪校に入り、2011年にEXILE GENERATIONSに選抜され、2013年にGLOBAL JAPAN CHALLENGEに合格しました。
逆立った金髪が特徴となっています。

砂田将宏のプロフィール

砂田将宏さんは、2000年5月17日、大阪府出身の18歳。
2007年にEXPG大阪校に入り、2011年にEXILE GENERATIONSに選抜され、2013年にGLOBAL JAPAN CHALLENGEに合格しました。
耳を覆い隠す長めの茶髪がトレードマーク。
深堀未来さん、奥田力也さん、砂田将宏さんは、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバーのなかでも、とりわけ注目度が高い存在です。
ほかのメンバーについても、もちろんそうなのですが、その動向がどうなっていくのか楽しみですね。

日髙竜太のプロフィール

続いては、BALLISTIK BOYZ(バリボ)としてデビューするメンバーのうち、日髙竜太さん、加納嘉将さんのプロフィールを見ていきましょう。
日髙竜太さんは、1996年1月11日、宮崎県出身の23歳。
2011年にEXPG宮崎校に入り、2014年にEXILE GENERATIONSに選抜され、2017年にVOCAL BATTLE AUDITION 5ファイナリストになりました。
少しやんちゃそうな表情が魅力となっております。

加納嘉将のプロフィール

加納嘉将さんは、1996年9月10日、宮城県出身の22歳。
2017年にEXPG仙台校に入り、VOCAL BATTLE AUDITION 5ファイナリストになりました。
どことなく、韓国の音楽グループのメンバーにいそうな感じがしなくもない、さわやかな風貌ですね。
日髙竜太さんと加納嘉将さんは、その外見のコントラストが実に対照的であるため、ここがとても興味深いところでしょう。

海沼流星のプロフィール

最後に、BALLISTIK BOYZ(バリボ)としてデビューするメンバーのうち、海沼流星さん、松井利樹さんのプロフィールを見ていきましょう。
海沼流星さんは、1999年6月19日、埼玉県出身の19歳。
2015年にEXPG大宮校に入り、2017年にVOCAL BATTLE AUDITION 5ファイナリストになりました。
金髪と意志の強そうな目力がとても魅力的ですね。
なお、母親がブラジル人というハーフのため、ポルトガル語も話すことができるそうですよ。
たしかに整った顔ではありますが、ハーフという感じにも見えませんので、これは意外ですね。

松井利樹のプロフィール

松井利樹さんは、2000年3月26日、福岡県出身の19歳。
2012年にEXPG福岡校に入り、2017年にVOCAL BATTLE AUDITION 5ファイナリストになりました。
こちらも、金髪とやんちゃそうな表情が特徴となっていました。
海沼流星さんと松井利樹さんは、ともに金髪頭ということもあって、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバーのなかでも、個性を発揮していってくれそうです。

スポンサーリンク

BALLISTIK BOYZ(バリボ)の曲一覧とおすすめ

ここまで、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバーたちについてご紹介してまいりました。
さて、2019年5月22日、アルバム『BALLISTIK BOYZ』をリリースし、めでたくメジャーデビューすることが決定していた、BALLISTIK BOYZ(バリボ)。
そんな彼らの楽曲にはどのようなものがあって、おすすめできそうなナンバーはどういうものなのでしょうか。
あらたにデビューするだけに、とても興味深いものですよね。
しかしながら、BALLISTIK BOYZ(バリボ)は、まだCDをリリースした実績がありません。
アルバム『BALLISTIK BOYZ』が処女作となりますので、あくまで期待ということでご紹介していきたいと思います。
アルバム『BALLISTIK BOYZ』には、「テンハネ-1000%-」、「PASION」などの楽曲が収録されています。
なお、「テンハネ-1000%-」は、ドラマ『小説王』の主題歌に、「PASION」は、おなじくエンディングテーマにタイアップされておりました。
そのため、2019年4月現在、この2曲が、BALLISTIK BOYZ(バリボ)の楽曲のなかでもとくにおすすめできそうなナンバーとなるでしょう。
今後、BALLISTIK BOYZ(バリボ)がますます名曲を連発していくのが待ち遠しいですね。

BALLISTIK BOYZ(バリボ)の武者修行で整理券配布に複数回並ぶ人が続出

BALLISTIK BOYZ(バリボ)といえば、先述のとおり、武者修行を敢行していました。
武者修行といえば、下積み活動といったイメージがありますが、いったい、どういった活動をしていたのでしょうか。
実は、BALLISTIK BOYZ(バリボ)の武者修行というのは、一般的な意味での下積み活動のことではありませんでした。
武者修行というのは、ツアーのことだったのですね。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)の武者修行は、2019年3月2日、東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージを皮切りにスタート。
3月31日の、ヴィーナスフォート・パレットプラザに至るまで、全国津々浦々で行われています。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバーが廻った場所は、福島県、北海道、福岡県、沖縄県、愛知県、大阪府などかなりの地域に及び、公演回数は15回を数えていました。
1ヶ月で15回はかなりハードですよね。
もちろん、これには、BALLISTIK BOYZ(バリボ)のファンも、彼らを一目見ようと大騒ぎに。
整理券の配布にも何度も並ぶ人が跡を絶たないなど、大盛況となったのでした。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)のデビュー後のライブも目が離せませんね。

BALLISTIK BOYZ(バリボ)のグッズは?タオルなどカッコイイ!

そんなBALLISTIK BOYZ(バリボ)といえば、グッズも興味深いですよね。
どのようなグッズがあったのでしょうか。
タオルなどがかっこいいと好評だったようですが、ほかにもまだあったようですよ。
デビューアルバムである『BALLISTIK BOYZ』には、フォトブックやトートバッグがついてくるというのです。
デビュー後にはますますグッズも充実していくでしょうから、BALLISTIK BOYZ(バリボ)の活躍が早く見たくてたまりません。

BALLISTIK BOYZ(バリボ)のメンバー詳細を調査!デビュー決定?まとめ

デビューまであともう少しということで、BALLISTIK BOYZ(バリボ)への全国の視線が熱くなっていきそうです。
デビュー後はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。
BALLISTIK BOYZ(バリボ)に限らず、さまざまなアーティストを生み出していますので、LDHの今後にも、あわせて注目していきたいですね。

スポンサーリンク