夏空奥原なつの子供時代の子役の粟野咲莉とは?演技力に称賛の声続出!

朝ドラ『なつぞら』がスタートしましたが、子役の粟野咲莉さんが注目されていますね。
奥原なつの子供時代を演じているわけですが、演技力はどんな感じだったのでしょう?
そこでさっそく、奥原なつの子供時代を演じている子役の粟野咲莉さんの演技力を見ていきましょう。
ここではさらに、粟野咲莉さんについて、プロフィール、奥原なつの役どころ、「小なつ」の愛称、柴田家からの脱走、山田天陽を助けるといったあらすじ、過去の出演作品についてもご紹介してまいります。

なつぞら奥原なつの子供時代を演じる粟野咲莉(あわのさり)とは?プロフィール

朝ドラといえば、いつも、ヒロインの子供時代から話がスタートします。
そして、ヒロインの子供時代は子役が、成長後は主演女優が演じていきますね。
さて、朝ドラ『なつぞら』の場合、ヒロインの奥原なつの子供時代を演じているのは、いったい、だれだったのでしょうか。
それは、子役の粟野咲莉さんです。
成長後を演じる広瀬すずさんは有名ですが、子役の粟野咲莉さんとは、どんな子供なのでしょうか?

粟野咲莉さんは、2010年6月24日生まれ。
出身地は明らかになっていませんでした。
2019年4月現在、まだ8歳ということになりますね。
ふつう、8歳だったら小学2年生ですから、朝ドラ『なつぞら』のヒロインの奥原なつの子供時代を演じているとは、すごすぎます。
そんな粟野咲莉さんのくわしい出演作品については、後で確認していきましょう。

スポンサーリンク

なつぞら出演の粟野咲莉ちゃんの演技力に感動の声が続出!

朝ドラ『なつぞら』のヒロインの奥原なつの子供時代役とくれば、粟野咲莉さんの演技力も気になってきます。
演技力の評判はどうなっていたのでしょうか?

まだスタートしたばかりの朝ドラ『なつぞら』ですが、演技力の評判はとてもよかったようですね。

ただでさえ、朝ドラ『なつぞら』の奥原なつは、戦災孤児という恵まれない役どころ。
おまけに、東京から北海道の十勝の柴田農場に引き取られ、生き抜いていくという境遇も手伝って、視聴者からは感動したという声が続出していたそう。
もちろん、粟野咲莉さんの演技力も影響してのことでしょう。
朝ドラ『なつぞら』の奥原なつの子供時代はもうすぐ終了しますが、粟野咲莉さんの演技力は、番組終了まで視聴者の胸に刻み込まれるに違いありません。
これでは、引き続く形で奥原なつを演じていく広瀬すずさんも演技がやりやすいのではないでしょうか?
とにかく、粟野咲莉さんの将来が楽しみですよね。

スポンサーリンク

なつぞら出演の粟野咲莉の「奥原なつ」の役どころは?

さて、粟野咲莉さんが朝ドラ『なつぞら』で子供時代を演じる、ヒロインの奥原なつとは、どのようなキャラクターなのでしょうか。
先ほどもご紹介しましたように、奥原なつは戦災孤児
父親は料理人でしたが、太平洋戦争で戦死してしまい、兄の奥原咲太郎、妹の奥原千遥とは生き別れてしまうことに。
そして、父親の戦友だった柴田農場の主人の柴田泰樹の息子・柴田剛男によって、北海道の十勝の柴田農場に引き取られることになるのです。
柴田農場には、柴田泰樹柴田剛男、柴田剛男の嫁の柴田富士子、柴田剛男の子供の柴田照男柴田夕見子柴田明美らがいました。
こうして、よその家で育っていく奥原なつでしたが、小学校でのある男子児童との出会いが運命を変えます。
その男子児童とは、山田天陽という絵のうまい少年でした。
山田天陽から影響を受けた奥原なつは、アニメーションに惹かれていき、成長すると、奥原咲太郎を頼って上京することに。
そして、アニメーターとなって、東京で活躍していくことになるのでした。
そんな奥原なつの人生は、上京までは「十勝編、そして、上京後は「東京編として描かれていくことになっています。
朝ドラのヒロインといえば、波乱万丈な人生でおなじみですが、『なつぞら』の奥原なつも負けず劣らずといった感じでしょうか。
2019年4月現在、まだ子供時代となっていますが、成長後の奥原なつも早く見てみたいですね。

なつぞら出演の粟野咲莉は「小なつ」の愛称で可愛がられている!

粟野咲莉さんは、朝ドラ『なつぞら』のヒロインの奥原なつの子供時代役ということで、注目度は極めて高くなっていました。
2019年4月現在、間違いなく日本一熱い視線を集めている子役といっていいでしょう。
そんな粟野咲莉さんは、撮影現場では、小なつという愛称で可愛がられていたとか。
小なつとは、もちろん、小さい奥原なつという意味ですね。
しかし、粟野咲莉さんは、ただ可愛がられていただけではなく、撮影現場では異彩を放っていました。
とても8歳とは思えないほど、しっかりした子役だったからなのです。
子役というよりは女優といった貫禄も見せ、共演者たちをおどろかせていたとか。
本当に、朝ドラ『なつぞら』後の活躍が待ち遠しくなりそうですね。

なつぞら奥原なつが柴田家を脱走する?あらすじ・ネタバレ

まだ始まったばかりの朝ドラ『なつぞら』ですが、早くも波乱の展開となっていきます。
なんと、奥原なつの柴田家脱走シーンが登場するのですね。
柴田家のみんなとうまくいっていた奥原なつですが、東京の奥原咲太郎に手紙を出しても返事が来ず、みんなとの関係もギクシャクし、とうとう脱走してしまうのでした。
その後、奥原なつは、帯広で靴磨きをしながら東京までの鉄道料金を稼ごうとします
しかし、柴田泰樹らが連れ戻しにやって来て、みんなと和解。
無事に、柴田農場へと帰還するのでした。
かなり心配してしまいましたが、両者に溝が生まれずに済んで、ホッとしますね。

なつぞら奥原なつが貧しい山田天陽を助ける?あらすじ・ネタバレ

先述のように、奥原なつは、山田天陽という少年と出会って、アニメーター志望になっていきます。
さて、そんな山田天陽ですが、朝ドラ『なつぞら』では、貧しい家の少年として、彼の境遇も切なく描かれていくのです。
奥原なつは、山田天陽の家へ行き、彼の貧しさにおどろき、柴田泰樹に掛け合います
その結果、柴田泰樹の尽力によって、山田天陽の家は、荒れた土地が立て直されていくことになるのでした。
これから先も、そんな奥原なつと山田天陽の関係は、注目となっていきそうですね。

なつぞら出演の粟野咲莉ちゃんの出演作品・経歴

朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの奥原なつの子供時代役を演じる粟野咲莉さんの出演作品や経歴をチェックしていきましょう。

子役デビュー作ですが、2016年のドラマ『氷の轍』で、行方小百合役でした。
そして同年には、朝ドラ『べっぴんさん』で坂東さくら役を熱演。
2017年には、ドラマ『男の操』の五木あわれ役でも注目されました。
同年には、『DESTINY 鎌倉ものがたり』の本田浩子役で映画デビューもはたしています。
なかなかの活躍ぶりといえるのではないでしょうか。
2019年以降の粟野咲莉さんの活躍にも、ぜひ、期待していきましょう。

夏空奥原なつの子供時代の子役の粟野咲莉とは?演技力に称賛の声続出!まとめ

粟野咲莉さんの朝ドラ歴は『なつぞら』で2回めだったとはおどろきですね。
今回はヒロインの子供時代役ということで、朝ドラ『べっぴんさん』を超えたのは確実です。
ひょっとしたら、将来は、粟野咲莉さん自身が朝ドラヒロインに起用される日が来るかもしれません。
引き続き、粟野咲莉さんの子役活動を、温かく見守っていきたいですね。

スポンサーリンク