なつぞら朝ドラ第7週のあらすじを紹介!モデルと共通するネタバレは?

朝ドラ『なつぞら』はつい最近始まったばかりでしたが、いつのまにか第3週となりました。
とても早いものですよね。
これから、どういったあらすじ、ネタバレになるのかが楽しみです。
そこで、ここでは、朝ドラ『なつぞら』第7週のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
奥原なつが柴田照男との結婚問題で揺れた後を描く、第37話から第42話までのあらすじ、ネタバレを、ご確認ください。
はたして、第7週のあらすじ、ネタバレの行方とは…?

こちらの記事も読まれています。

なつぞら奥原なつの結婚相手は山田陽平?モデルは神田一明か小田部羊一か

小田部羊一はポケモンなど経歴がすごい!なつぞらの時代考証を担う

なつぞら「奥原なつ」のモデルは実在人物か?奥山玲子の生涯を調査!

夏空ーなつぞら第7週第37話のあらすじ

まずは、朝ドラ『なつぞら』第7週の第37話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
柴田家から山田天陽の家へ向かったはずだった奥原なつは、荒れた天候のせいで、雪の中に埋まってしまいました。
ところが、その後、不幸中の幸いで、阿川弥市郎と阿川砂良親子によって、無事に助け出されていました。
阿川弥市郎と阿川砂良によって、小屋に寝かされていた奥原なつは、柴田家に帰ろうとします。
ところが、あいにく、外はまだひどい天候のままだったのでした。
さて、阿川弥市郎と阿川砂良は、奇遇ではありますが、あの倉田隆一と顔見知りという関係だったのでした。
倉田隆一は、阿川弥市郎と阿川砂良の話が聞きたくて、以前、この小屋にわざわざ来ていたのです。
阿川弥市郎はかつては教師をしていましたが、戦後になって、先祖代々の地だった北海道にやって来たといいます。
そして、倉田隆一は、そんな阿川弥市郎の話を題材にして、奥原なつや小畑雪次郎が演じた演劇の脚本を執筆していたというわけなのでした。

スポンサーリンク

夏空ーなつぞら第7週第38話のあらすじ

続いては、朝ドラ『なつぞら』第7週の第38話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
阿川弥市郎と阿川砂良は、太平洋戦争によって、阿川弥市郎の妻、阿川砂良の母を失っていました。
そのため、阿川弥市郎は戦争のことをとても憎んでいたのです。
そんな阿川弥市郎は、奥原なつに向かって、戦争への憎しみを彫刻の創作活動へと変えたと語っていきました。
そしてそれは、演劇へ打ち込む倉田隆一もまた、いっしょだったのです。
奥原なつは、阿川弥市郎の彫刻のスケッチを始めることに。
やがて、家へ帰るために小屋を出発した、奥原なつ。
柴田家へ無事に奥原なつが帰宅すると、柴田家のみんなは必死に彼女のことを捜しているところでした。
奥原なつは、無事だったことにみんながホッとするなか、山田天陽にアニメーターになりたいという想いを告白するのでした。
奥原なつは、そのことを柴田家のみんなにも話します。
しかしながら、これを聞いていた柴田泰樹は怒りだし、今すぐに柴田家から出て行けといい始めてしまうのでした。

スポンサーリンク

夏空ーなつぞら第7週第39話のあらすじ

続いては、朝ドラ『なつぞら』第7週の第39話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
柴田泰樹から突き放されたことによって、奥原なつは、さっそく、柴田家を出ていく準備を始めることにしました。
奥原なつは、あくまでもすぐに柴田家から出ていこうとしますが、そんな彼女をひっぱたいて、柴田富士子が止めにかかります。
これには奥原なつもすっかり感激してしまって、柴田富士子に抱きついて、和解するのでした。
おまけに、柴田剛男は、あくまでも奥原なつの将来への考えに対して、理解を見せてくれたのです。
一方、あいかわらずがんこな柴田泰樹は、奥原なつが謝っても、いっこうに機嫌が直りません。
また、山田天陽も、上京してもアニメーターとしてやっていけるのかどうか不安な様子の奥原なつに向かって、苦言を呈していくことに。
が、その後、山田天陽は、あくまでも自分を信じるようにと、奥原なつのことを激励してくれるのでした。
さて、柴田泰樹は、雪月へ行き、そのしょげたようすを、小畑とよからからかわれるのでした。

夏空ーなつぞら第7週第40話のあらすじ

続いては、朝ドラ『なつぞら』第7週の第40話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
柴田泰樹は、小畑とよに向かって、あることを頼みます。
それは、小畑雪次郎に奥原なつをよろしく頼むというものだったのです。
柴田泰樹は、自分が奥原なつを柴田照男と結婚させようとしたので彼女に嫌われたのだと思っていたのでした。
するとそこに、小畑雪之介があらわれ、十勝初のパフェを食べるよう、柴田泰樹にすすめてくれました。
一方、奥原なつは、山田天陽の言葉が響いていました。
さて、柴田照男は山田天陽のもとを訪れ、奥原なつの上京について問いただします。
しかし、山田天陽はあくまで奥原なつの味方なのでした。
その後、柴田家に阿川弥市郎と阿川砂良がやって来て、熊の彫刻をくれました。
柴田泰樹は、奥原なつに向かって、小畑雪次郎といっしょに上京するよう切り出します。
でも、柴田泰樹はすっかり冷静になっていて、もう怒ってはいませんでした。

夏空ーなつぞら第7週第41話のあらすじ

続いては、朝ドラ『なつぞら』第7週の第41話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
奥原なつは、小畑とよに会って、柴田泰樹を裏切ってしまったと、すっかり、自分を責めていくことに。
このさわぎを聞いて、ほかの小畑家の人たちも姿を現します。
小畑雪之介は、すでに川村屋に奥原なつのことを頼んでいると励まします。
しかしながら、奥原なつはあくまでも自分の力で働いていこうとしていたため、これになかなか気が乗らないのでした。
そのようにして1人で葛藤していってしまう奥原なつに、小畑とよはちゃんと理解を示してくれます。
その後、奥原なつは、柴田家に帰ると、上京したいのは奥原咲太郎に会いたいからではなくて、アニメーターになりたいからだったのだと正直に打ち明けることに。
しかし、柴田富士子は、そんな奥原なつの想いに、もうとっくに気がついていたのでした。

夏空ーなつぞら第7週第42話のあらすじ

おしまいに、朝ドラ『なつぞら』第7週の第42話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。
奥原なつは、自分が本当は柴田泰樹にあこがれていたのだということに気づきます。
北海道にやって来て開拓し、柴田農場を作った柴田泰樹みたいに、自分も自力で這い上がりたいと思っていたからです。
そこで、柴田泰樹に向かって、奥原なつは、たとえ彼のことを裏切ってでもアニメーターになりたいのだと頭を下げました。
柴田泰樹は、そんな奥原なつの想いを理解して、東京に行って来いと励ましてくれました。
これに浮かれた奥原なつは、さっそく山田天陽に一連のことを報告しに行くことに。
その後、奥原なつは、とうとう農業高校を卒業しました。
それから奥原なつは、山田天陽に会いに行って、彼から待たないと告げられます。
山田天陽は、あくまでも奥原なつが東京で活躍することを心から望んでいたからでした。

なつぞら朝ドラ第7週のあらすじを紹介!ネタバレを調査!まとめ

ここまでが、朝ドラ『なつぞら』第7週の第37話から第42話までのあらすじ、ネタバレとなります。
第6週では、奥原なつと山田天陽と柴田照男の関係がメインに描かれました。
しかし、第7週では、奥原なつの上京に関する話題が大半を占める結果となりましたね。

モデルと言われている奥山玲子さんと共通するのは、上京するという展開ですね。奥山玲子さんも地元から上京しアニメーションに携わるようになっています。

はたして、第8週では、奥原なつはどうなっていくというのでしょうか。
次第に、十勝から東京へ、そして、酪農からアニメーションへと近づいている奥原なつを引き続き、見守っていきたいものですね。

スポンサーリンク