スカーレット川原直子役の桜庭ななみの演技力は?出演ドラマや受賞歴まとめ

朝ドラ『スカーレット』といえば、ヒロインの川原喜美子役の戸田恵梨香さんだけではなく、桜庭ななみさんにも注目です。

プロフィールなどがどうなっているのか、とても気になりますよね。

そこで、朝ドラ『スカーレット』に登場する桜庭ななみさんについて見ていきましょう。

ここでは、桜庭ななみさんについて、芸能界に入ったきっかけ、出演してきた映画やドラマ、演技力の評判、演じる川原直子の役どころ、歌唱力、語学についても、見てまいりたいと思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

スカーレット川原直子役の桜庭ななみとは?高校や大学など詳細プロフィール

2019年9月からスタートすることになっている、あらたな朝ドラ『スカーレット』。

まだ朝ドラといえば『なつぞら』ですが、早くも気になって仕方がありませんよね。

陶芸家の川原喜美子をヒロインとしたストーリーも魅力的な、このドラマ。

一方で、いつもの朝ドラとおなじく、ヒロインの周囲を固めているキャストについても見逃せません。

そこで今回は、その1人である川原直子役の桜庭ななみさんについて取り上げてまいります。

桜庭ななみさんは、19921017日、鹿児島県出身で、20195月現在の年齢は、26歳。

2008年に女優デビューをはたし、くわしくは後でご紹介しますが、多数の映画やドラマで活躍してきました。

2009年から2014年までは、bump.yというグループでも活動しています。

日経トレンディ今年の顔2012APNアワード 2016など、受賞歴も多数となっていました。

学歴も気になりますが、高校は日本女子体育大学附属二階堂高校だったものの、大学には進学していませんでした。

桜庭ななみさんの女優キャリアを考えれば、大学に行かずに女優に専念して正解だったのではないでしょうか。

そんな桜庭ななみさんが朝ドラ『スカーレット』で見せてくれる川原直子がどのような感じになるのかが、とても楽しみですね。

スポンサーリンク

桜庭ななみが芸能界に入ったきっかけ

朝ドラ『スカーレット』で川原直子役を演じる桜庭ななみさんが女優になったのには、どういった背景があったのでしょうか?

実はこれには、なんともおどろくような経緯があったみたいなのですね。

ふつう、芸能界入りといえば、街中でスカウトされたり、オーディションを受けたり、芸能事務所に履歴書を送るというパターンが多いでしょう。

しかしながら、桜庭ななみさんは、このいずれでもありませんでした。

結論から言いますと、スカウトだったのですが、普通のスカウトではなかったのです。

現在所属しているスウィートパワーが、鹿児島県に美人がいると聞いて、わざわざスカウトにやってきたというのですね。

なお、スカウトを受けた時、桜庭ななみさんはゲームセンターにいたとのこと。

まさか、桜庭ななみさんも、こんなかたちで人生が一気に変わるとは、想像もできなかったことでしょうね。

それにしても、あまりにも伝説的な芸能人生の幕開けといえるでしょう。

スポンサーリンク

桜庭ななみの経歴・出演作品

それでは、桜庭ななみさんの女優としての経歴を確認していきたいと思います。

その出演してきた作品とは、はたして、どんなものになっていたのでしょうか。

女優デビュー作となったのは、ドラマ『栞と紙魚子の怪奇事件簿』でした。

映画デビュー作は、『同級生』です。

その後、NHK大河ドラマでは『西郷どん』に出演。

朝ドラは、意外にも『スカーレット』が初出演となっていました。

これまでに映画では、『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』、『最後の忠臣蔵』、『映画 謎解きはディナーのあとで』、『人狼ゲーム』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』など。

ドラマでは、『医龍 Team Medical Dragon3』、『必殺仕事人2013』、『新ナニワ金融道』などに出演しています。

2018年には、『マンハント』、『焼肉ドラゴン』、『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』と、3作も映画出演を果していました。

桜庭ななみさんの2019年の活動からも目が離せそうにありませんね。

スカーレット川原直子役の桜庭ななみ!演技力の評判は?

これだけたくさんの映画やドラマに出演してきていた、桜庭ななみさん。

次は朝ドラ『スカーレット』ということで、ますます期待は高まっていくことでしょう。

それでは、桜庭ななみさんに対する演技力の評判とは、どんな感じになっていたのでしょうね?

説明するまでもありませんが、とても上々となっていました。

そのことは、桜庭ななみさんの受賞歴を見てみても、明らかというものでした。

映画『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』では、ブルーリボン賞新人賞、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、報知映画賞新人賞。

映画『最後の忠臣蔵』では、日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、日本映画批評家大賞新人女優賞を受賞していたのです。

ようするに、桜庭ななみさんは、新人女優が取れる賞はほぼ総なめにしていました。

この結果だけでも、どれだけただごとではないかが如実にわかることでしょう。

スカーレットで桜庭ななみが演じる川原直子(かわはら なおこ)の役どころは?

桜庭ななみさんは、朝ドラ『スカーレット』で、川原直子役を演じることになっていたわけですが、どういう役どころなのかが気になりますよね。

桜庭ななみさん演じる川原直子は、戸田恵梨香さんが演じる川原喜美子の妹でした。

父親は川原常治、母親は川原マツです。

川原直子は、見た目は美人ですが、性格はお世辞にもいいとはいえなかったようでした。

とにかくわがままな性格の持ち主で、姉でヒロインである川原喜美子を悩ませてしまうこともしばしば。

桜庭ななみさんが演じる役どころがこういう感じだったとは、なんとも意外な気がしますよね。

しかし、女優としてのはばがさらに広がるのは間違いありませんので、期待したいと思います。

桜庭ななみは歌もうまい?三菱地所のCMで話題

桜庭ななみさんに関しては、歌唱力がある?という気になる評判もありました。

桜庭ななみさんは女優ですが、いつ歌を披露したというのでしょうか?

実は、2012年に出演した三菱地所のCMでのことだったのですね。

ちなみに、このCMは、あまりにもシュールな内容になっていて、こちらも注目を集めていました。

男性と桜庭ななみさん扮する女性の会話が続くというものですが、会話がおかしかったのです。

男性からどんな質問をされても、女性は「三菱地所」とひたすら繰り返すのですね。

こんなCMなら、たしかに三菱地所を視聴者に印象付けるうえでは効果抜群でしょう。

桜庭ななみは語学が堪能

桜庭ななみさんは、その才能が、女優だけではなく、語学でも尋常ではないものになっていたとか。

なんと、中国語と韓国語に堪能だったのです。

それも、韓国語は日常レベルながらも、中国語はかなりのレベルとのこと。

もはや趣味の域を超えており、中国のニュースを届ける『NHK華語視界』でMCまでこなしていたのですね。

どうやったらここまで外国語に強くなれるのか、興味は尽きませんね。

ともかく、女優をやっていくうえでこのスキルはそうとう貴重になるのではないでしょうか。

スカーレット川原直子役の桜庭ななみの演技力は?出演ドラマや受賞歴まとめ

桜庭ななみさんは、女優キャリアや演技力だけではなく、ビジュアルをめぐるエピソード、語学など、なにかと超人的だったようです。

これではますます朝ドラ『スカーレット』が待ち遠しくなるでしょう。

戸田恵梨香さんの妹役とあって、2人の掛け合いも楽しみですよね。

スポンサーリンク