戸田恵梨香が子役時代に朝ドラ「オードリー」に出演!画像が可愛い

戸田恵梨香さんといえば、朝ドラ『スカーレット』で話題ですね。

が、朝ドラでは、子役時代に、『オードリー』にも出演していたとか。

画像はどうなっているのでしょう。

そこで、ここではさっそく、子役時代の戸田恵梨香さんの朝ドラ『オードリー』での画像を見ていきます。

ほかにも、戸田恵梨香さんの朝ドラ『オードリー』での役どころ、朝ドラ『オードリー』のあらすじ、朝ドラ『オードリー』以外の子役時代の画像、出演作品などもご覧ください。

戸田恵梨香は朝ドラ「オードリー」に出演していた!役どころは?

朝ドラ『スカーレット』で話題の戸田恵梨香さんですが、これが初めての朝ドラでなかったことは、ご存じない方も少なくなかったのではないでしょう。

どうしても戸田恵梨香さんといえば、トレンディードラマの印象があって、朝ドラというイメージではありませんからね。

それはともかく、朝ドラ『オードリー』での戸田恵梨香さんの役どころとは、どのようなものだったのでしょうか。

朝ドラ『オードリー』は、2000年から2001年に放送された作品で、戸田恵梨香さんは、2000104日に出演していました。

ちなみに、これが戸田恵梨香さんにとっては、記念すべきドラマ初出演作。

戸田恵梨香さんが演じたのは、吉岡滝乃の幼少期役というものでした。

吉岡滝乃は、ヒロインである佐々木美月の養母で、老舗旅館の椿屋で女将をしている女性です。

戸田恵梨香さんは、回想シーンにおいて登場していました。

今だったら、戸田恵梨香さんが回想だけで1話限りの登場なんて、なかなか想像できませんけどね。

なお、成長後の吉岡滝乃は大竹しのぶさんが演じています。

それにしましても、大竹しのぶさんが演じるキャラクターの幼少期役がデビュー作というのもすごいですね。

まるで、後の戸田恵梨香さんの活躍を暗示しているかのようです。

スポンサーリンク

朝ドラ「オードリー」の内容・あらすじは?

というわけで、吉岡滝乃の幼少期役にて、朝ドラ『オードリー』に出演していた、戸田恵梨香さん。

それでは、朝ドラ『オードリー』とは、どのような内容だったのか、あらすじを見ていきましょう。

ヒロインである佐々木美月は、翻訳家の父・佐々木春夫と、母・佐々木愛子の娘として生まれます。

佐々木春夫はアメリカで育っていたため、佐々木美月にオードリーというあだ名をつけますが、これが原因で佐々木美月はいじめられることになり、佐々木春夫も娘から嫌われてしまうことに。

そんな佐々木美月を育ててくれたのが、老舗旅館の椿屋の女将で、佐々木春夫とかつて交際していた、吉岡滝乃でした。

さて、佐々木美月は、宮本君江によって映画の撮影所へ連れていかれ、これがきっかけで俳優の幹幸太郎と知り合い、映画の世界へ惹かれていくことに。

やがて、高校生になった佐々木美月は、女優を志望し始め、佐々木春夫、佐々木愛子、吉岡滝乃のみんなから反対されてしまいます。

しかし、それでも、吉岡美月という芸名で女優としてのスタートを切ることになるのでした。

佐々木美月は、その後、女優の朝倉もみじからいじめられますが、俳優の錠島尚也に救われたことで、彼と親しくなっていきます。

が、佐々木美月も、錠島尚也も、役者としては長続きしませんでした。

佐々木美月は、その後、女優から女将へと転身することになります。

『オードリー』も、いつもの朝ドラといっしょで、女性の生涯を濃く描いたストーリーのようですね。

スポンサーリンク

戸田恵梨香の子役時代も可愛い!出演作品から写真・画像をチェック!

さて、戸田恵梨香さんは、2019年現在、30代に入って、すっかり中堅クラスの女優として、その地歩を固めています。

しかし、もとは子役で、朝ドラ『オードリー』にも出演していたわけでした。

ご説明したとおり、戸田恵梨香さんのデビュー作は、この朝ドラ『オードリー』。

その後、さまざまな映画やドラマで活躍していくわけですが、演技力もさることながら、そのルックスも評判になったことは、言うまでもありません。

そんな戸田恵梨香さんの子役時代とは、どのような感じだったのでしょうか。

そこで、戸田恵梨香さんの出演作品をチェックしてみましたが、子役時代も、今と変わらずかわいい画像ばかり見つかりました。

なんとなく、戸田恵梨香さんの子役時代は想像しづらかったのですが、画像を見れば、すぐに納得がいきます。

いずれも、今の面影がある利発そうな画像ばかりなのでした。

朝ドラ「オードリー」の子役時代の画像

そんな戸田恵梨香さんの子役時代の画像ですが、朝ドラ『オードリー』では、着物姿となっていました。

大竹しのぶさんが演じている女将の幼少期役ですから、納得です。

しかし、戸田恵梨香さんはやはり流行もののイメージが大きいだけに、こういう姿はなかなか想像できませんでした。

とはいえ、とても似合っていてかわいいことに変わりはありませんが。

これが回想シーンで、しかもたったの1話だけというのが、つくづくもったいないですよね。

「新・ズッコケ三人組」の子役時代の画像(感想)

子役時代の戸田恵梨香さんは、あのドラマ『新・ズッコケ三人組』にも出演していました。

ドラマ『新・ズッコケ三人組』が放送されたのは、2002年のことで、戸田恵梨香さんが演じたのは、榎本由美子役。

これも1話限りでの出演で、2002427日放送の、第4話「ズッコケ家出大旅行・後編」でした。

ここでの戸田恵梨香さんの画像は、忍者のようなものになっていました。

まだいかにも子供そのもので、愛くるしいですね。

まさか、この数年後に映画『デスノート』のヒロインになるとは、とても思えませんでした。

 

戸田恵梨香の出演作品

これまでの戸田恵梨香さんの出演作品も振り返っていきましょう。

朝ドラ『オードリー』でデビューした戸田恵梨香さんは、2005年のドラマ『野ブタ。をプロデュース』で知名度がアップ。

その後、2006年、映画『デスノート』でブレイクし、2007年のドラマ『LIAR GAME』や、2008年のドラマ『コード・ブルードクターヘリ緊急救命』で人気女優としての地位が確立します。

それからは、映画では、『LIAR GAME The Final Stage』、『劇場版 SPEC〜天〜』、『あの日のオルガン』など。

ドラマでは、『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』、『大切なことはすべて君が教えてくれた』、『大恋愛〜僕を忘れる君と』などに出演。

2019年には、朝ドラ『スカーレット』に加え、映画『町田くんの世界』にも出演予定となっております。

 「オードリー」での子役時代について「大恋愛」のイベントで話題に

朝ドラ『オードリー』での活躍も話題になっていた、戸田恵梨香さん。

そんな彼女は、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』でも注目を集めましたが、その放送開始前のトークイベントにて、子役時代に朝ドラ『オードリー』に出演したことに言及し、話題になっていました。

脚本家の大石静さんも登場していましたが、実は、大石静さんは、朝ドラ『オードリー』、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』両方の脚本を手掛けていたのです。

戸田恵梨香さんは、幼少期のことなので照れていましたが、そんな戸田恵梨香さんも新鮮でいいですね。

今後も2人のタッグにも期待しましょう。

戸田恵梨香が子役時代に朝ドラ「オードリー」に出演!画像が可愛いまとめ

戸田恵梨香さんは、すっかり、映画やドラマに不可欠な女優に成長しています。

しかし、子役時代の初々しい感じも、それはそれで悪くないでしょう。

朝ドラ『オードリー』は、登場シーンが短かったのが残念ですが、それでも戸田恵梨香さんにとっては、貴重な経験となったに違いありませんね。

スポンサーリンク