智弁和歌山野球部の新入生2019がすごい!徳丸天晴が1年生で4番に

智弁和歌山野球部の2019年度新入生の徳丸天晴選手は、新入生で4番を打つ期待の選手ですね。

徳丸天晴選手は智弁和歌山野球部の中心的存在で、2019年の高校野球で大ブレイクする可能性十分です。

そこで徳丸天晴選手の経歴についてや、打撃センスの高さを紹介していきます。

智弁和歌山高校の新入生が4番デビュー!徳丸天晴に注目

智弁和歌山野球部は高校野球の名門校として有名な強豪高ですが、新入生ながら4番を打つ徳丸天晴選手に大きな注目が集まっています。

智弁和歌山野球部と言えば強打が印象的なチームで、甲子園で大量得点を叩き出す打線は恐怖の赤ヘル軍団といった感じですね。

強打者揃いの智弁和歌山野球部で新入生で4番を任されたのは15年ぶりの快挙で、これだけでも徳丸天晴選手の能力の高さが伝わってきます。

2019年の高校野球界の中でもトップクラスの実力と注目度で、2019年の甲子園で大活躍する姿は今からワクワクしますね。

 

智弁和歌山野球部じゃなくても新入生で4番を任される事はすごいことで、よほどのセンスと才能がない限り4番を任される事は少ないです。

並みの選手なら新入生で4番を任されると重圧で押し潰されると思いますが、徳丸天晴選手を見ていると重圧さえ感じない存在感があります。

2019年の夏の甲子園の楽しみが早くも1つ増えたので、是非とも2019年は徳丸天晴選手に注目してほしいですね。

スポンサーリンク

徳丸天晴の出身中学・チーム

すでに新入生ながら超高校級で4番の風格さえ漂う徳丸天晴選手の出身中学は、大阪市立蒲生中学校の出身で中学時代にはスラッガーとして活躍していますね。

蒲生中学校の時に在籍していた野球チームは大阪東ボーイズで、投手と野手の二刀流として大車輪の活躍でした。

ただ大阪東ボーイズではエース投手がいて登板機会は少なめでしたが、ライトのポジションで豪快なバッティングを披露していましたね。

 

大阪東ボーイズでも4番を任されてきているので、4番とは何かを徳丸天晴選手は身につけている感じがします。

 

打者として大阪東ボーイズ時代からずば抜けた才能を発揮していますが、投手としても威力あるストレートは大きな魅力の一つです。

 

徳丸天晴選手を見た野球専門家の間では投手として成功する逸材との評価も多く、大谷翔平選手のような二刀流として活躍するのも近いかもしれません。

 

中学時代から徳丸天晴選手が持っている独特のオーラは、他の選手にはない無限の可能性と才能を感じましたね。

徳丸天晴の過去の成績

徳丸天晴選手は中学時代に22本のホームランを打っていることからも、生粋のスラッガーで長打力には天性の才能を感じるほどです。

そもそも中学時代にホームランを1本打つことも本当に難しい事で、私も野球部の端くれでしたが中学時代は外野に飛ばすことさえ難しかったですね(笑)

徳丸天晴選手は小学生時代に阪神タイガースジュニアに選出されていて、小学6年生の時に身長165cmと体格も申し分ありません。

 

一度聞いたら忘れられない「天晴」という読み方の由来は、お父さんが「男らしくあっぱれ」という意味を込めて名付けたそうです。

徳丸天晴選手が野球を始めたのは小学校3年生の時で、お父さんの影響で野球を始めるようになっていますね。

 

中学時代には大阪北大会の直前に右膝肉離れというケガを負いながらも、決勝戦で投手として2安打完封ピッチングをしているの驚きです。

 

投手として高校でも活躍できるかは変化球の精度を上げることが急務で、威力あるストレートだけでは厳しい感じがしましたね。

スポンサーリンク

徳丸天晴は1年生とは思えない恵まれた体格

徳丸天晴選手は体格も超高校級で新入生とは思えないほどで、身長184センチ体重79キロと恵まれた体格なのは間違いありませんね。

長打力は当然ながら体格が良いから打てるというわけではありませんが、パワーも備わっていないと中学通算22本のホームランは打てないはずです。

すでに新入生ながら智弁和歌山野球部でも上級生並みの存在感があり、この体格でバッターボックスに立たれるだけで相手投手の驚異になるくらい存在感は抜群ですね。

私も高校時代に野球部に所属していてライトを守っていて、身長もが183センチと徳丸天晴選手と変わらない感じでした。

しかし当時のわたしの体重は65キロ前後だったのもあり、思い切り打っても何とか外野に届くかくらいでパワー不足は自分でもわかりました。

もし高校時代に徳丸天晴選手くらいの体格と体重があったらなぁ、なんて想像してしまいます(笑)

まだまだ新入生なので徳丸天晴選手は体格も大きくなると思うので、智弁和歌山野球部で鍛え抜かれて強靭な肉体になることを期待します。

智弁和歌山高校春季大会での成績

智弁和歌山高校が2019和歌山県春季大会で見事に優勝を飾りましたが、新入生で4番を務める徳丸天晴選手の活躍も優勝の大きな原動力でしたね。

初の公式戦デビューとなった春季大会3回戦の和歌山東高校との1戦で、徳丸天晴選手は4番に座り4打数2安打1打点と鮮烈なデビューを飾りました。

私の高校時代に始めての公式戦の時は緊張で手が震えて、ヒットを打つどころかバットにボールを当てることなく試合は終わりましたね(笑)

徳丸天晴選手の場合は名門の智弁和歌山高校で新入生で4番を任される重圧は、私が想像できないくらいの重圧があると思います。

しかし2019和歌山県春季大会での徳丸天晴選手の活躍を見ていると、やはり並の高校生ではないとい確信できる大活躍でした。

春季大会決勝戦は市和歌山高校と延長戦の激闘になりましたが、延長10回にサヨナラ勝ちを収め見事に優勝しています。

まだまだ夏の甲子園出場権獲得まで道のりは長いですが、2019年は徳丸天晴選手が大暴れして地区大会でも優勝する事を期待したいですね。

智弁和歌山高校野球部は夏の甲子園で徳丸くん出場なるか?

智弁和歌山野球部が夏の甲子園に出場できるかは地区大会の成績次第ですが、順当に行けば甲子園出場権を獲得できる戦力は整っています。

しかし高校野球は戦力が十分の名門校でも敗退することも多いので、2019夏の甲子園に智弁和歌山野球部が出場できるとは断言できませんね。

もし2019夏の甲子園に智弁和歌山野球部が出場するとなれば、新入生の徳丸天晴選手も4番として出場濃厚だと思います。

智弁和歌山野球部を率いる中谷仁監督は元プロ野球選手で、高校球児を指導する手腕は他の監督よりも高いと私は感じますね。

その中谷仁監督が徳丸天晴選手しか4番は見当たらないと話しているので、甲子園でも4番で出場する可能性がかなり高そうです。

新入生ながら「4番は徳丸天晴しかいない」と監督も話しているので、まさしく超高校級の4番へと成長していく無限の可能性さえ感じますね。

ただ必ず打てなくなる時期が来ると思いますので、壁にぶつかった時に自分で考えてスランプから脱出して初めて真の4番になれのかなと思いました。

1年生に4番を任せる智弁和歌山高校野球部がすごい

新入生ながら4番を任されている徳丸天晴選手ですが、新入生を4番に起用することはリスクも伴うこともあります。

当然ながら徳丸天晴選手が実力があるので4番を任されていますが、新入生が4番を打つとなると野球部内で不協和音が起こる可能性も考えられます。

しかし智弁和歌山野球部は何と言っても選手層が厚いのが最大の強味でもあり、徳丸天晴選手以外にも強打者揃いなのも智弁和歌山野球部のすごさでもあります。

例えば3番を打つ黒革史陽選手5番を打つ根来塁選手は、春のセンバツ甲子園でも高い打撃センスで活躍している選手ですね。

他にもプロ注目の東妻淳平選手が7番ながら4番を打てる実力を備えているので、新入生で4番を打つ徳丸天晴選手の重圧も分散されるはずです。

智弁和歌山野球部の場合は不協和音と言うよりチーム内の競争が激化することで、遡上効果でチームが強くなる好循環を生み出しているのも徳丸天性晴選手ですね。

気兼ねなく4番を打つことができるのも実力十分の先輩が脇を固めているからで、新入生で4番を任せる中谷仁監督の手腕も評価しなければいけません。

こちらの記事もよく読まれています。

智弁和歌山高校野球部2019メンバーの出身は?注目選手を紹介

智弁和歌山野球部の新入生2019がすごい!徳丸天晴が1年生で4番まとめ

智弁和歌山野球部の徳丸天晴選手について紹介してきましたが、プロで活躍する日ハムの清宮幸太郎選手のように活躍できる逸材かもしれませんね。

長打力もさることながらバッターボックスで動じない度胸の強さと、試合できっちりヒットを打てる部分は超高校級で間違いありません。

是非とも夏の甲子園大会で徳丸天晴選手がホームランを打つ光景を、今年の夏は見てみたいと思わせる選手ですね。

スポンサーリンク