なつぞら中川大志演じる坂場一久は高畑勲がモデル?実在モデルを調査!

NHK連続テレビ小説『なつぞら』といえば、なんといっても登場人物のモデルの存在ですよね。
今回は、中川大志さんが演じる坂場一久について見ていきたいと思います。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』で中川大志さんが演じる坂場一久のモデルというのは、だれだったのでしょうか?
ここでは、ほかにも、坂場一久の役どころ、中川大志さんのプロフィール、奥山玲子さん、宮崎駿さん、高畑勲さんの関係、奥原なつの結婚相手が坂場一久の可能性などをチェックしてまいりますので、ぜひ、最後までご覧ください。

なつぞら中川大志演じる坂場一久(さかば かずひさ)の役どころ

NHK連続テレビ小説『なつぞら』には、広瀬すずさん演じる奥原なつ、岡田将生さん演じる奥原咲太郎、吉沢亮さん演じる山田天陽、清原翔さん演じる柴田照男など、さまざまな登場人物がいますよね。

そんななかでも、ここでは、中川大志さん演じる坂場一久について取り上げていきたいと思います。
はたして、坂場一久というのは、どのような登場人物だったのでしょうか?

NHK連続テレビ小説『なつぞら』には、十勝編と東京編がありますが、坂場一久は東京編の登場人物。奥原なつが勤める東洋動画に勤めていて、職位は監督見習いです。

アニメに深い知識を持っていて、企画にも優れた才能を発揮させていき、ストーリーを思いつく能力も評価されています。
しかし、その一方では、坂場一久は、要領が悪くて、いつも無理なことを言っては、職場の人々を振り回していくという存在でもあります。
奥原なつからも最初こそよく思われていませんでした。
このように、坂場一久はかなり癖のある男性のようですが、それだけに見逃せませんね。

スポンサーリンク

坂場一久のモデルは巨匠、高畑勲さん!

さて、NHK連続テレビ小説『なつぞら』において、奥原なつのモデルについては、アニメーターの奥山玲子さんとなっていました。
それでは、中川大志さん演じる坂場一久のモデルというのは、いったい、だれだったのでしょうか。
実は、だれもが知っている日本アニメ界の巨匠である、あの高畑勲さんだったのですね。
まさか、あれだけの著名人がNHK連続テレビ小説『なつぞら』の登場人物のモデルになるとは、かなりめずらしいケースではないでしょうか。
高畑勲さんといえば、スタジオジブリにおいて、宮崎駿さんとともに、数えきれないくらいの名作を生み出し続けてきました。
それだけに、今後、NHK連続テレビ小説『なつぞら』では、坂場一久にもおおいに注目していきたいものですよね。

スポンサーリンク

高畑勲さんの経歴・作品

NHK連続テレビ小説『なつぞら』において、中川大志さん演じる坂場一久のモデルになっていた、高畑勲さん。
その経歴や作品を、あらためて振り返ってまいりましょう。

高畑勲さんは、1935年10月29日、三重県出身。
東映動画やAプロダクションに所属した後、宮崎駿さんといっしょにスタジオジブリを立ち上げていて、まさに日本のアニメ界を作ってきた人物として知られています。

とくにスタジオジブリ時代に手掛けた作品はあまりにも有名で、『火垂るの墓』、『おもひでぽろぽろ』、『平成狸合戦ぽんぽこ』、『ホーホケキョ となりの山田くん』など、多岐に及んでおります。
また、これら以外でも、『ルパン三世』、『アルプスの少女ハイジ』、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』、などの演出を務めております。

受賞歴も、紫綬褒章、フランス芸術文化勲章オフィシエなどとなっていました。
そんな高畑勲さんは、2018年4月5日、82歳で、惜しまれつつ亡くなっています。

なつのモデル奥山玲子さんや宮崎駿さんと高畑勲さんの関係

NHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの奥原なつのモデルは、アニメーターの奥山玲子さんです。
そんな奥山玲子さんは、あの宮崎駿さんや高畑勲さんと仕事上、密接な関係がある人物なのでした。
この3人は、どのような関係だったというのでしょうか?

奥山玲子さんは、宮崎駿さんや高畑勲さんとともに東映動画で働いていたのですね。
さらに、奥山玲子さんの夫である小田部羊一さんも東映動画の社員でした。

しかし、ただこれだけではなく、奥山玲子さん、宮崎駿さん、高畑勲さんのつながりはもっと深いものでした。
小田部羊一さんが東映動画を解雇されそうになったとき、宮崎駿さんと高畑勲さんが力になってくれたのですね。
NHK連続テレビ小説『なつぞら』では、こういったシーンも再現されていくことになるのか、注視していきましょう。

なつの結婚相手は中川大志演じる坂場一久の可能性大!?

NHK連続テレビ小説『なつぞら』は、奥原なつの結婚相手がだれになるのかも興味深いところですよね。
ちまたではこれまで、山田天陽、山田陽平、柴田照男など、さまざまな名前が浮上してきました。

柴田照男は阿川砂良と結婚したのでないですが、残りの2人に加え、坂場一久も候補として浮上していたのです。
坂場一久の可能性は大きいのでしょうか?

山田天陽は十勝なので遠距離ですし、可能性としては、奥原なつの勤める東洋動画の社員である坂場一久と山田陽平は、たしかにありえそうですよね?

しかし、奥山玲子さんの結婚した小田部羊一さんが後輩だったのに対し、山田陽平も坂場一久も奥原なつの先輩です。
よって、設定的にどうかという疑問は残りますね。

坂場一久は、高畑勲さんがモデルということを考えても、どうなるのかは未知数かと思います。

高畑勲展(期間限定)が東京国立近代美術館で開催

NHK連続テレビ小説『なつぞら』で中川大志さんが演じた坂場一久のモデル・高畑勲さんは、2019年で没後1年ということもあって、期間限定ながらも高畑勲展が開かれることになっていました。

高畑勲展は、「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの」と題して、2019年7月2日から10年6日まで、3ヶ月にわたって開催予定。
そんな高畑勲展を開催することにしていたのは、東京国立近代美術館でした。

高畑勲さんの演出面をとくに重視した内容になっていて、これまで公開されてこなかった資料も展示されるといいますから、ファンの方はぜひ、行ってみてはいかがでしょうか?
きっと充実することができそうですね。

こちらから詳細ご覧いただけます。

東京国立近代美術館公式サイト 高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの

会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー

会期:
2019年7月2日(火)~10月6日(日)
開館時間:
10:00-17:00 ( 金曜・土曜は10:00-21:00 )
*入館は閉館30分前まで
休館日:
月曜(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日(火)、 8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
観覧料:
【当日券】
一般 1,500(1,300)円
大学生 1,100(900)円
高校生 600(400)円

【前売券】
一般 1,300円
大学生 900円
高校生 400円

*いずれも消費税込。
*( )内は20名以上の団体料金。
*前売り券は2019年4月23日(火)~7月1日(月)販売。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。

*主なチケット販売場所:東京国立近代美術館・工芸館(*開館日のみ、工芸館は当日券のみ)、本展特設サイト(オンラインチケット)、イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケットほか
*チケット購入時に手数料がかかる場合があります。

主催:
東京国立近代美術館
NHK
NHKプロモーション
企画協力:
スタジオジブリ
協力:
(公財)徳間記念アニメーション文化財団
協賛:
凸版印刷、西武造園

美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1 
詳しくはアクセスマップをご参照ください。
特設サイト:https://takahata-ten.jp/

引用:東京国立近代美術館公式サイト

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/takahata-ten/#section1-3より

なつぞらで坂場一久演じる中川大志のプロフィール

NHK連続テレビ小説『なつぞら』にて、坂場一久を演じる中川大志さんについて、プロフィールを見てみましょう。

中川大志さんは、1998年6月14日、東京都出身の20歳。
スカウトされたことによって、芸能界に入りました。

その後、ドラマ『わたしが子どもだったころ』で子役としてデビュー。
映画では、『きょうのキラ君』、『ReLIFE リライフ』、『虹色デイズ』、『覚悟はいいかそこの女子。』など。
ドラマでは、NHK大河ドラマ『真田丸』、NHK連続テレビ小説『おひさま』、『覚悟はいいかそこの女子。』などに出演しました。

日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、その評価は高いものとなっています。

なつぞら中川大志演じる坂場一久は高畑勲がモデル?実在モデルを調査!まとめ

NHK連続テレビ小説『なつぞら』はなにかと展開が注目ですが、奥原なつの結婚相手はとくに興味深いところ。
はたして、中川大志さん演じる坂場一久になるのか、それともほかの登場人物なのか、必見ですよね。
一方、高畑勲さんが坂場一久のモデルだったことも、とても興味深いですので、高畑勲さんの展覧会に行ける方は、この機会にぜひ、行ってみましょう。

スポンサーリンク